ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2019.2.6 20:30小林よしのりライジング

ライジングの実録ホラーゴー宣(引いてみればギャグ)

大好評! 小林よしのりライジングVol302
「運動のなれの果ての狂気」
の感想をご紹介します!

 


 

先日配信されたライジングのゴー宣・実録ホラーを読みました。

3連続ホラー写真が、怖い、怖すぎる!
不気味、不気味すぎる!
そして、面白すぎる!(笑)

彼女も、始まりは純粋に弱者への同情から始まったのかもしれません。
それがいつしか、視野狭窄な正義の快感の虜になると、こんなバケモノになってしまうのか。

人間って、本当に弱くて脆くて危ない生き物ですね‥。

これって、彼女だけじゃなくて、
うっかりすると誰もが陥る危険性がある事だと思いました。

あらゆる社会運動も、入り口は正統性があったとしても、無防備でいると、運動麻薬の快感から抜け出せなくなってしまうから、相当注意しておかないと危ないとよくわかるゴー宣でした。

あと、こういう記事が出ると、
「人をおちょくるとは何事だ!」
と、抗議する人が出てきそうですが、
その感覚こそが、自分がホラーへ変貌する道へと通じているような気もしました。

笑いと衝撃と運動の麻薬性がよ〜くわかる、ホラーゴー宣でした。
(yoshimiさん)

 


 

背筋が凍るほど怖くて、しかし、それがすごく笑えてくる。
楳図かずおの名言に「恐怖と笑いは本質的に同じもの。対象に近づけば恐怖になって、引いてみるとお笑いになる」というのがありますが、まさに真理だと思いました。

でもおそらく本人は、あの写真を見ても、これが恐怖になり、お笑いになるってことは、決して理解できないでしょう。
特に「引いてみる」ことなんか、もう決してできない世界に行かれておりますからね。

トッキー

次回の開催予定

第100回

第100回 令和3年 9/12 SUN
14:00

テーマ: 「常識の逆襲」(ゲスト:中川淳一郎氏)

INFORMATIONお知らせ