ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.2.14 10:50日々の出来事

門弟・門下生について

時浦にはいろんなことをやらせている。
『ゴー宣』の下準備や、動画収録と編集や、生放送や、
ブログを書かせたり、いろんなことをやらせている。
締め切りギリギリには、絵を描く仕事に戻している。

メーリス管理のアシスタントを自らやりたいという
人が出てきたら、それは時浦も助かるだろうし、
何よりわしが助かる。
その分、時浦に用事を言いつけることができるからだ。
そこのところを門弟・門下生は理解して欲しい。

「ゴー宣道場」の門弟や門下生の中から、自主的に、
自由に発想し、動いてくれる者が出てくるのは、
とてもありがたい。
パブリック・ビューイングの発案者がKさんで、
実行サポートがsavaさんとビビさんだと聞いた。
すごく良いことだ。

茶魔語データベースは、『おぼっちゃまくん』を描く
ときには、必ず開いて参考にするものになった。
ライジングのデータベースは時浦がすごく助かると
喜んでいる。
彼らがやっていることは、よしりん企画のボランティア・
スタッフのようなものだ。

ただし、ノルマになってはいけない。
生活者の現場に支障が出るようなことがあっては
ならない。
特に女性には、繊細な配慮が必要だし、大切に扱わねば
ならない。
活力があって、「ゴー宣道場」を革新していくような
人材は、時には暴走を始める。
わしも現状維持に満足できない過剰な人間だから、
時々暴走する門下生のこともわかるのだ。

地道で安定感のある人材も必要だし、リスクを承知で
革新していく人材も必要だ。
バランスよく、「ゴー宣道場」を発展させ、なおかつ、
わしの役に立ったら最高だと、我が儘も言っておく。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ