ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2019.2.16 08:00政治

マルウェアの脅威

2月のゴー宣言道場。
 
私なりの収穫の1つは、
エドワード・スノーデンが日本国内の
重要施設のコンピューターにマルウェア
(有害なソフトウェア)を仕掛けた可能性について、
専門家の見解を確認できたこと。
 
以前、
Netflixでオリバー・ストーン監督の映画
「スノーデン」を観ていた。
実話に基づく作品だ。
その中で、スノーデンが日本で活動していた時期に、
わが国の発電所やダムなど、社会生活を支える
重要施設のコンピューターにマルウェアを埋設した
話が、チラッと出て来る。
 
もし日本がアメリカの同盟国でなくなった場合、
そのマルウェアが作動して、日本全体をパニックに
陥れる、と。
驚くべき内容だ。
 
勿論、実話映画の中にも、
様々なフィクションが混在している。
 
だから、これを直ちに事実と見る訳にはいかない。
 
しかしマルウェアの件は、
見逃してしまいそうな隅っこの、
ごく小さなエピソード。
 
監督が敢えて創作する必要のないストーリーだ。
 
恐らく、スノーデンの証言を元にしたのだろう。
 
しかも、スノーデン自身にも、
このような虚偽の証言をしなければならない、
特別の理由は見付けにくい。
 
一方アメリカには、
スノーデンにそのような工作を行わせる動機も
能力もある。
 
「悲観的に(最悪のシナリオを織り込んで)備え、
楽観的に(最善のゴールを目指して)事に当たる」
というのが危機管理の鉄則とされる
(逆にやっちゃいけないのが「楽観的に備え、
悲観的に事に当たる」)。
 
だから一先ず、
この件は事実と見ておくべきだ、と考えていた。
 
当日、安全保障が専門の川上高司氏から
肯定的な回答を戴いて、私の素人判断も、
全くの見当外れではなかった、
との感触を得ることが出来た。
 
だが、政府は果たして危機管理の鉄則に則って、
迅速かつ厳重に対処しているのかどうか。
 
それとも、アメリカ側から切り捨てられるまでは、
わが国から対米従属を変更する選択肢はあり得ない
(よってマルウェアは全く脅威にならない)、
と決めてかかっているのか。
 
高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第81回

第81回 平成31年 4/7 SUN
14:00

テーマ: 「日本経済は復活できるのか?」

INFORMATIONお知らせ