ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.2.25 10:41日々の出来事

沖縄の県民投票の結果は重要だ

沖縄の県民投票の結果は「反対」が7割を超え、
知事の得票を上回る43万票だという。
投票率も52・48%で半分超えてるから文句なしの
「反対」派勝利だ。
半分近くが棄権しているというのは考えなくていい。
棄権は住民投票の結果に従うということだ。

わしは2005年発売の『沖縄論』で、すでに辺野古基地
の建設に反対を表明しているし、日米地位協定の改正
も主張している。
あれからわしの意見は変わっていない。

『沖縄論』は沖縄県でロングセラーになったが、本土
ではそれほど売れず、評価してくれたのは赤旗くらい
しかなかった。
赤旗が評価する本をネトウヨが評価するはずがない。

わしの目的は「自主防衛」であり、「主権回復」であり、
「民主主義の完成」である。
目的がはっきり言えない辺野古基地問題の是非では
意味がない。

辺野古基地は今後10年以上の工期がかかるし、費用も
何兆円かかるかわかったものではない。
基地が完成しても、塩害と液状化で、正常に機能するか
どうかもわからない。
10年後も米国の属国のままかと思うとうんざりする。

辺野古基地建設を断念するなら、今が最後のチャンスだ。
安倍政権は、県民投票の結果に従うという名目ができる。

辺野古と普天間はバーターではないはずで、普天間基地
の撤去も粛々と進めればいい。
米軍は当面、嘉手納基地を最大限に利用すればいい。
沖縄の米軍基地は縮小していくのが正しい。

「自主防衛」の覚悟を持たない者が、辺野古基地建設の
賛成を言っても、反対を言っても、オルタナティブな
意見にはならない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ