ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2019.3.30 10:53その他ニュース

「常識的におかしい」と言ったら名誉毀損なのか?

ライジングコメント欄から、
ご意見紹介です!

 


 

山口敬之氏が、逮捕状が出ながらも
レイプ事件では異例中の異例で
逮捕されなかった事件について。

山口敬之氏は起訴されなかっただけで
法的に「推定無罪」であり、
事実として無罪潔白というわけではないと思います。

例えば裁判で有罪確定となった被告も
後日、無罪だったなんて事をよくありますよね。
つまり法的に有罪だったが、それは間違った判断で、
事実として無罪潔白だったから
後に法的に無罪になったわけです。

山口敬之氏の主張がおかしいのは、裁判がされず、
ただ起訴されなかったという法的事実だけで
自分は事実として無罪潔白だと主張している点です。
「レイプ犯じゃないのか?」という意見を表明しようなら、
裁判で訴えるぞという脅しまでして。

被害者であると主張する伊藤詩織氏は
名もない一般市民と変わらない立場でしたが
堂々と記者会見をし、著書でとてもリアルに
事件について詳述までしている。
山口敬之氏はプロのジャーナリストであるのに
未だ一切記者会見すらしていない。

この状況を冷静に、客観的に考慮すれば
伊藤詩織氏の主張を信じて、
山口敬之氏はレイプ犯であると
判断するのが常識であるはずだ。
だけどそれを公言したら名誉毀損?

この国では理性的な言論の自由より
疑わしい名誉の方が上位の価値なのか?

それとも常識ではどう考えても
レイプだと判断できる事件が
最近は無罪連発となっていますが、
この国の司法はレイプ犯に優しいのか?
レイプ犯を法で裁けぬなら
女子供を自警するしかないのか?
(みるみるさん)

 


 

「なぜ逮捕状は執行されなかったんだ? おかしいんじゃないか?」
という疑問に対して、
「逮捕状は執行されなかったんだ! おかしいと言ったら名誉毀損だ!」
と答えられたのでは、話になりませんね。
最も尊重されなければならないのは「常識」です。
裁判官に常識があることを願います。

トッキー

次回の開催予定

第82回

第82回 平成31年 6/9 SUN
14:00

テーマ: 「新天皇即位と皇室の未来」

INFORMATIONお知らせ