ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2019.3.30 11:29小林よしのりライジング

言葉が通じる、議論ができるだけでも貴重?

現在配信中、小林よしのりライジングVol.308の
感想ご紹介です!

 


 

【ゴーマニズム宣言「オルタナティブの第一歩として石破だ」】
たしかに、現総理に比べ、石破さんのほうがまともに言葉が通じそう。論争するにしても話が噛み合わなけりゃ意味が無い。国会でチグハグで不誠実でほぼ無意味な答弁繰り返しといて、その後、会見とかで「審議は尽くされた」的なことを官房長官あたりが平然と言う今のパターンは、もう飽きた。

>若者はあの失敗を見てからは、民主党が民進党になろうが、
>立憲民主党になろうがもう決して支持せず、

支持しないだろうなぁ。「最低でも県外」とか、良くも悪くも民主党政権の所業は結構鮮烈に世間の記憶に残ってるしなぁ。なかなか記憶が薄れない。事業仕分けパフォーマンスのイメージも今なお強烈に残っちゃってるしね。内田裕也さんのせいもある(笑)。もし「事業仕分けとは何か?」と問われたら、「批判することしかできない野党が政権奪取後に、なおも批判をし続けるための仕組みのこと」と答えるしかない、あのイメージ。 ”仕分け人”(なつかしい!)が、「それで結局その研究や開発はペイするの?」てな文句ばかりを官僚にぶつけまくってたもんね。官僚にではなく大臣とか政務三役に文句を言うのならまだ分かるししっくりくるのだが、、、ましてや受託側の研究機関の理事や宇宙飛行士に文句ぶつけて一体どうするんだ?という。。。 ”埋蔵金”とか、なつかしいな。民主党と財務省の緊縮コラボか。結局「デフレ下での」緊縮緊縮緊縮で、日本国を弱体化・小国化させちゃったってことかな、民主党政権も安倍政権も共に。

【泉美木蘭のトンデモ見聞録「ジェンダーフリー教育にびっくり」】
 ジェンダーフリーのフェミニズム論文からの抜粋、面白すぎる。特に最後の抜粋の、「苦情を言う根拠を失ってしまうことになる。」には笑った。
 ところで、もしもイスラム系移民などが日本にどーんと増えたりしたら、彼らにもジェンダーフリーとか言うのかな?全く相手にならないような気もするけど。いや、多文化共生ってことだし、ジェンダーフリー教育は基本的に日本人限定での話だろうね。しかしワケ分からんわ。多文化共生だのジェンダーフリーだの寛容だのポリコレだのポスト・トゥルースだのが混ざり合って、訳の分からん日本になっていくのかいな。そういや最近、イタリアにいるイスラム移民の間で赤ちゃんに割礼手術して失血死してるというニュースを見た。良い悪いの話ではなく、日本とは文化が違いすぎる。
(tuudevさん)

 


 

安倍政権にしろ、ジェンダーフリー論者にしろ、言葉が通じない、議論をする気がない者の横行にはもううんざりです。
たとえ意見が違っても、議論ができる、議論しようという態度があるというだけでもすごい人だと最近は思うようになっているのですが、ハードル下がりすぎでしょうか?

トッキー

次回の開催予定

第83回

第83回 平成31年 8/4 SUN
14:00

テーマ: 「皇室と憲法における平和主義」

INFORMATIONお知らせ