ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2019.4.20 07:00政治・経済

「北方領土」間違ったシグナル

ロシア研究の専門家で新潟県立大学教授の袴田茂樹氏が、
北方領土問題について以下のように指摘されている。

「(20)16年5月、安倍首相はこれまで領土交渉は
1センチも進まなかったとして、従来の発想にとらわれない
『新アプローチ』を提案し8項目の協力提案をした。
私が最も懸念したのは、露側に間違ったシグナルを送ったことだ。
つまり、露は、対日姿勢を強硬化したので日本は譲歩したと受け取った。
論理的に考えて、日本をさらに譲歩させるには、さらに対日姿勢を強硬化すればよい、
となる。現実は、その通りに動いている」

「2つの提言をしたい。
第1に、領土交渉と経済交渉と均衡を取りながら進める
『拡大均衡』の原点に戻ることだ。
第2に、交渉事は焦る方が弱者になる。
決して焦らないことである」

まさに正論だ。

4月5日には、ロシア外務省のザハロワ報道官が
来年4月から使用される我が国の教科書に北方領土が
「日本固有の領土」と記述される事まで非難している事が報じられた。
ロシア側をここまで付け上がらせた責任は誰にあるのか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ