ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2019.4.23 11:59皇室

「令和」を貶めるKAZUYAというバカ

ネトウヨ・ユーチューバーのKAZUYAというバカが、月刊WiLL6月号に『令和を貶める人たち』という記事を書き、その「資料集」としてよしりん先生のブログの発言を載せています!

よしりん先生が、いつどこで「令和」を貶めた!?

このバカKAZUYAは、よしりん先生の4月1日のブログ『「令和」に浮かんだ疑問』から、
〈「令」は王冠の下に人が跪いている図だから、
やっぱり君主か支配者の命令の意味である。
君主の命令だから、清らかで美しいという観念に結び付く
のだろう。
「令和」を見て、なんとなく冷たい感じがするのはやむを
得ないのだ。〉
というところだけをつまみ食いして、これでよしりん先生が令和を「貶めた」ということにしています。

そのすぐ後に、
〈けれどもわしは元号が好きである。
時代の記憶を封じ込めて区切りを付けられる。
西暦じゃだらだら時が過ぎるばかりで終末まで区切りが
来ない。
キリストの支配する時間枠に慣らされる必要もなか
ろう。
国書からの選出ではないが、「令和」を受容しよう。〉
と書いていることを、完全に無視しています。
相変わらず、悪質極まりないデマ屋です。

そもそも、「令」の文字の成り立ちが「王冠の下に人が跪いている図」であることは事実だし、個人の感覚としてどう思うかは人それぞれであって、第一印象で「何となく冷たい感じ」がしたという人がいてもしょうがないことです。

ところがこのバカは、事実であっても言うな、「令和」と聞いて、冷たい感じなど感じるなと言っているのです!!

完全に、狂っています。

「事実でも『令』の字の成り立ちを言うな!
 冷たい感じがしたなんてけしからん!
 不敬であるぞ!!
 非国民が!!」

…おそらく、こういうバカは、戦時中にもいたのでしょう。
だから、戦後になって戦前・戦中の日本は全て悪だったかのように言い、天皇制や元号まで嫌悪する人を大量に作ってしまったのです。

KAZUYAのようなバカを野放しにしたら、天皇や元号を嫌いになる人を増やすだけです。

こういうバカこそが、「令和」を貶めているのです!!

トッキー

次回の開催予定

第86回

第86回 令和1年 12/8 SUN
14:00

テーマ: 「正念場を迎える皇位の安定継承」

INFORMATIONお知らせ