ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.5.8 10:00日々の出来事

斎藤美奈子よ、歴史記述は史料検証が原則だ

東京新聞で斎藤美奈子が歴史修正主義の原点はわしの
『戦争論』と書いている。
わしはネトウヨ批判は大いに結構と思っているが、
同時にネトサヨ批判もしなければ公平ではない。

まず、「SPA!」『ゴー宣』でも描いたが、歴史記述は
常に修正されている。
学問として、史料検証・史料批判が進んだら、
歴史記述は修正される。
これは学問的態度として、正しいことなのだから、
「歴史修正主義はいけない」という見解の方が危険
である。

次に、わしの態度は「史料検証」を原理原則として
いる。
「史料検証」「史料批判」に耐えられる歴史記述か?
これが全てである。
これは学問的態度なのだから、守らなければならない。

したがって、慰安婦強制連行も南京虐殺も、史料検証
で、「強制連行」や「30万人虐殺」が証明されたら、
わしは見解を変えなければならない。

斎藤美奈子も、ぜひ史料検証をやっていただきたい。
史料検証なしに感情で決めつけるのは知性の劣化である。
斎藤美奈子のような左翼も史料検証を無視するが、
右派論壇誌の言論人や、ネトウヨも史料検証を無視する。

万世一系という「伝承」も史料検証なしに語っているが、
文科省の検定すら通らないフィクションである。
「126代、例外なく男系で続いてきた」というなら、
神武天皇と欠史8代の実在を証明しなければならない、
弘文天皇の正当性も実証しなければならない。

左翼も、右翼も、史料検証をさぼる。
史料検証から逃げる。
たまたま自分にインプットされた情報のみで、結論を
出して、思い込みのみで感情的に語っている。
もっと冷徹に、右派か左派かのポジション・トーク
から離脱して、史料検証のみで語らなければならない。

「歴史修正主義」という言葉は学問を無視している。
もし間違った歴史記述と言いたいなら「歴史ねつ造
主義」と言った方がいいだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ