ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.5.16 07:58日々の出来事

新体制の理念について

「ゴー宣道場」の門弟門下生の新体制を作らなければ
ならない。
規模が大きくなるにつれ、分断が深刻になるケースも
あるから、指揮系統をわしに一本化しなければならない。
いざとなれば「じっくりよしりん会」も、その新体制の
中に組み込んで、いざとなれば、わしが全国どこでも
説明に行くくらいの覚悟が必要だろう。

「運動」になるのかというナイーブかつ神経症的な危惧
は要らない。
動員かけたりしないし、一斉に同じシュプレヒコールも
叫ばない。
あくまでも「公論」を目指すカフェ文化として、和気
あいあいとやりたいが、天皇退位にまで「ゴー宣道場」が
一定の役割を果たしたのだから、政治的効果も発揮できる
という確信を得た。

だが、「ゴー宣道場」の門弟門下生も「平等主義」に
かなり冒されている面があると、わしは観察している。
「出る杭を打つ」現象がはっきりとあった!

能力を持つ人材が確かにいる。
なのにそれを活かす体制になっていない。
悪平等で、誰かが幹部的なポジションに来ることに
拒否反応を示す。
誰も彼もが平等な方がいいという考え方は、悪平等であり、
社会主義になってしまう。

日本全体の縮図が、どうしても「ゴー宣道場」に現れる
のだが、門弟門下生は金儲けのためにやっているのでは
なく、たまたま「天皇制を守る」とか「脱属国を目指す」
という、わしの理念に共鳴してくれる者たちが、
ボランティアで集まってくれているものだと信じる。

もちろん、単なるファン意識でも構わないと思うから、
最近はミーハー度100の女性にも自ら志願して、何かを
やりたいと思うなら、活躍のチャンスを与えるように
している。

もちろん「良き観客」であることが、全てのベースに
あるので、設営隊に参加せず、静かに応募して、静かに
議論に参加して、静かに帰って行くという人々もOK、
その人たちもわしは門下生と思っている。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ