ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.6.4 21:07日々の出来事

託児所必要論、いくつもあるじゃん

託児所の件でわしがブログを書いたら、「誤解だ」という
メーリス投稿があった。

遡って見てみたら、「お母さんがイベントに参加するとき
託児所が必要な理由」として、女性は子育ての時に変な汁
が出てるからというのがあった。
わしはこれを、託児所が必要という意見にとった。

「子育てや託児所は公に向かう問題」だという意見も
あった。
それも託児所が必要だと受け取ったが?

「結論として私は託児所の設置に賛成です」という意見も
あった。
それも託児所必要論ではないのか?

他にも女性で託児所の重要性を書いてた人がいたような
気がするが?

託児所だけ作っても、子供の世話をする保育士を雇わな
きゃしょうがないでしょう。

『「関西ライングループ」でもそのような書き込みが
なかったことはお分かりいただけるのではないかと存じ
ます。』なんて、書いてるが、わしはラインなんか見て
ないのだが?
関西ではライングループがあるらしいね。
その中で何が書かれているのかは知らない。

言っておくが、わしは託児所なんか必要ないとは言って
ない。
託児所に関しては、カネがかからないアイデアを出して
来たら、採用する!
子供に万が一の事故があったときの責任についても
明確に提案してほしい!
わしは、他人の子供を「ゴー宣道場」であずかるのは、
はっきり言って恐い!

メーリスをちょっと遡ってみただけで、これだけ託児所
が必要という意見が出て来るのに、よく「誤解だ」
なんて言うよな?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第98回

第98回 令和3年 6/13 SUN
14:00

テーマ: 「科学的コロナの正体」(ゲスト:井上正康氏)

INFORMATIONお知らせ