ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.6.8 09:49日々の出来事

男系カルトに嵌った政治家を糾弾決議せよ

明日は令和初の「ゴー宣道場」だが、山尾志桜里氏
から立憲民主党としては皇位継承のプランとして、
どのようなものを出すのか、聞くことが出来るだろう。

国民民主党は男系女子の天皇は認めるプランらしい
ので、愛子皇太子の誕生はありだということになる。
だが、愛子さまが子供を産んでも、その子には皇位
継承権はない。
「男系固執」は続けるということだ。
それならやっぱり「男尊女卑」の政党だということ
になる。
言っておくが、「男系」は男尊女卑ではなく、伝統だ
という言い訳は単なる誤魔化しであって、わしには
通用しない。
わしと議論すれば、国民民主党の議員は木っ端みじん
となる。

立憲民主党にはこんな中途半端なプランは出して
ほしくない。
男系男系と言ったところで、本当に男系血統で繋がれ
てきたのか、真実性は全くない。
そもそもが神武天皇から126代というが、神武天皇
の実在証明も奴らは絶対に出来ない!
神武天皇は「伝承」であって、「史実」ではない。
「欠史八代」も史実としての実証はできない!
学問的には神武天皇から126代は「史実」扱いに
なっていないのだ。

キリスト教原理主義が、人間は神が泥から創ったと
本気で信じてるのと同じで、学問としては進化論を
採用するのが常識だ。
神武天皇から「例外なく」男系で繋がってきたなどと、
よく政治家が言っているものだ。
戦前に逆戻りしている。

そもそも神武天皇という「天皇」などいないのも
常識である。
カムヤマトイワレヒコという「王」「大王」はいた
だろうが、それはまだ「天皇」ではない。

史実としては「天皇」を名乗ったのは、推古天皇
という女性が初めてであり、「天皇号」を法律で
定めたのは持統天皇という女性が最初である。

神武天皇から126代という虚構に縛られて、
天皇は男系血統だったと妄信していること自体が
馬鹿馬鹿しい。
もう、いいかげん、目を覚ませと言いたいが、
カルト信者は自分がカルトに嵌っていると夢にも
思わないんだろうからな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第84回

第84回 令和1年 10/20 SUN
14:00

テーマ: 「天皇論『日米激突』」

INFORMATIONお知らせ