ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2019.6.15 13:55皇統問題

Y染色体はそのまま遺伝しないみたいよ

百田尚樹氏が、フリップ片手にY染色体の解説を
している動画を見たんだけど、むちゃくちゃだった。

いわく、

父親[XY]と母親[XX]の間に生まれた子は、
男[XY]か、女[XX]になるが、

娘の女[XX]が、男[XY]と結婚して生まれるのは、
男[XY]男[XY]か、女[XX]女[XX]になる。

最初の父親の[Y]は、もちろんここで途絶えるし、
最初の父親の[X]が遺伝する確率は2分の1しかなく、
ここで完全に一切なくなってしまう可能性がある。…と。

力いっぱいの解説だったけど「なに言ってんだろ、この人…」
としか思えなかった。
私の息子は、2分の1の確率で、私の父親の孫ではない、
と言われたようなものなんですけど。

娘が出産して、
「おぉ~、なんたるやかわいい孫! ついに生まれた~!
けど、2分の1の確率で性染色体が遺伝してないな~…」
とか、どこの誰が意識してるんでしょうか。

変な話だなあと思って染色体のこと調べてみたら、
国立成育医療研究センターが2015年に発表した、

「日本人男性のY染色体構造変化と精子形成障害の
関連を解明(無精子症・乏精子症による男性不妊の
診療に役立つ可能性)」
https://www.ncchd.go.jp/press/2015/topic150118-1.html

という報告のなかに、
子どもがいる男性の40%で、

Y染色体の広範囲を占めるAZFという領域が、
高頻度に構造変化を起こしている
ということが、
明らかにされてるんですけど。

「Y染色体の構造変化が従来想定されていたよりも多様であり、
かつ高頻度に起きることが明らかとなりました。」

月刊ワイ読者のみなさん、絶対のYなんて、ないんだって!
もう「Yの喜劇」だよ。
こんなのにのっかってたら、末は「容疑者Yの乱心」だよ?

 

 

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第84回

第84回 令和1年 10/20 SUN
14:00

テーマ: 「天皇論『日米激突』」

INFORMATIONお知らせ