ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.7.2 17:09日々の出来事

アルバムを作らねば

朝から『おぼっちゃまくん』のわしのペン入れをやって、
全部終え、午後から『よしりん辻説法』のゲラチェックと
次号の打ち合わせ、資料をもらって、秘書みなぼんを呼び、
『ゴー宣』第53章の原稿を持って来てもらった。

『おぼっちゃまくん』の原稿と、『ゴー宣』の原稿を交換、
ところが秘書みなぼんが「SPA!」を忘れて来ている。
「これから、おまえのことを『忘れぼん』と呼ぶぞ」と
言ったら、たいそう嫌がっていた。
帰りに仕事場に寄って「SPA!」をもらって帰宅。

今から『ゴー宣』第53章のわしのペン入れを始める。

今日発売の「SPA!」『ゴー宣』は「ゴー宣道場」について
描いたが、これから「ゴー宣道場」自体が変化し続ける
可能性があるので、何度も描くだろう。
門下生の顔写真を自分で撮らなきゃいけない。
アルバムを作っておく必要がある。

今回失敗したのはカレーのハゲに毛を描いてしまった
ことだ。
欧米ではハゲと言うだけでギャグにするのは通用しない
と聞いて、わしはもうハゲを笑うのは止めにしようと
覚悟した矢先だった。
観念論で、ついカレーの頭にだって数本の毛はあった
はずだと思い込んでしまい、つい毛を描いてしまった
のだ。
だが、思いだしてみるとカレーの頭は夕陽が当たると、
ものすごくまぶしかった!
もっとピカピカのつるっぱげだったはずだ!

やっぱ自分でカメラで写真を撮って、アルバムを作る
必要がある。
写メでメモリーに入っているようなものでもダメだ。
アルバムが要る。
大阪にはカメラを持って行くぞ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

INFORMATIONお知らせ