ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.7.12 08:31日々の出来事

「週刊新潮」の伊藤詩織VS官邸ベッタリ記者の記事

発売中の「週刊新潮」に「伊藤詩織さんVS安倍官邸
ベッタリ記者の法廷対決」という特集記事が載っている。

総理ベッタリ山口敬之が月額42万円の顧問料をもらっ
ていたのは、菅官房長官の関与があったかららしい。
TBSを辞めたあとに、何もしないで毎月42万円の
収入がある身分になれたのだから呆れる。
裁判所が出した逮捕状を握りつぶした中村格は、
菅官房長官の秘書官だったという。

どういう経路でレイプ事件がもみ消されたのかは
誰にでも想像がつく。
「週刊新潮」、良い記事を書いてくれている。

「ホテルの証拠ビデオ」はわしも見たが、都ホテルの
玄関前に停まったタクシーから、延々と伊藤詩織氏が
降りて来なくて、山口が降りた後に、また後部座席に
入り込んで、引きずりだそうと格闘しているらしく、
その時間は15分か20分くらいだっただろうか?
やたら長かった。

やっと伊藤氏を抱きかかえた山口が降りてくると、
伊藤氏は身体がくの字に曲がって、酔っぱらった
伊藤氏の足下の感覚はほとんど空中浮揚のような状態
だっただろう。
やっぱりレイプ・ドラックの可能性は否定できない。

裁判での山口側弁護士が伊藤詩織氏に行う尋問を読んだが、
「レイプ時の様子をとことん思いだせ!」と迫る苛烈な
もので、ほとんどセカンドレイプ状態だ。
まさにこれを恐れて、レイプの被害者は泣き寝入りして
しまうのだ。
将来、法廷の場でのセカンドレイプの参考書として、
活かすべきだろう。

わしも山口に訴えられている立場なので、裁判闘争的
には、余計なことは描いてくれるなと釘を刺されている。
もちろん小学館の中澤氏や、弁護士さんには感謝してる
し、勝ってほしい。
だが、「週刊新潮」の記事や、裁判記録を読むと、
腹が立ってどうしても厳しく描きたいという衝動が
抑えきれない。
「SPA!」の法律関係の専門家も、わしの立場を
考慮して、ファクト・チェックを入れてくれるし、
多分、困らせているとは思う。

でも腹が立って描きたい衝動を抑えられない。
今後も、レイプについて、『ゴーマニズム宣言』で描き
たいことはいっぱいある。
レイプの被害者が、泣き寝入りするような野蛮な時代は
もう終わらせよう。
伊藤詩織氏は戦っている。
その後ろに多くの被害女性がいる。
今までわしは多くの女性に支えられてきたのだから、
恩返しのつもりで、被害女性を応援しよう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第83回

第83回 平成31年 8/4 SUN
14:00

テーマ: 「皇室と憲法における平和主義」

INFORMATIONお知らせ