ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.7.13 09:11日々の出来事

門下生の表現意欲は応援する

昨日は『ゴー宣』第54章のわしのペンを入れた。

そして『ゴー宣』第55章のコンテを開始。
大阪での取材について描くから、「じっくりよしりん会」
の場面も出てくる。カレーはもっとハゲさせて描く。

カレーの説明により、「おかわり」が人生初の会社員と
なって仕事を覚えるのに必死だから、本当にブログすら
読めない状態だったことを理解した。
3人の子供を育てるために母として頑張っている。
「嘘」なんて書いて悪かった。申し訳ない。
『ゴー宣』の中でも「おかわり」にメッセージを送る。

カレーを通じて、シュウが作ろうとしている冊子に
ついて、注意すべき点を厳しく伝えてもらった。
サンプルを「聞造会」に提出して合格点が出なければ
ダメだということも。
ただし、基本的には門下生の主体的な意思が尊重される
べきで、表現したい意欲を応援してあげたい。

門下生が勝手に何かやり始めるのは、すべて「表現意欲」
だと思っている。
動画を作ってYouTubeにアップするのも、中四国での
開催のために日々準備を重ねるのも、直接自分の仕事に
結びつけてCafeをオープンするのも、ムーランNの
ように、困難限りない東北開催に数年かけてもと並々
ならぬ意欲を燃やすのも、東海開催に着実に歩を進める
のも、全部、わしが命じたことではない。
自分たちで勝手に「表現」し始めたものだ。

自分の身を削らないように、現場を大事にしながら、
あくまでも楽しめる範囲で、「ゴー宣道場」をツールと
して上手く利用しながら、「公のための遊び」を行なえ
ばいい。
みんな、表現者になりたいのだろう。
北朝鮮や中国なら出来ない個人の「表現意欲」がこの
国では許される。大いにやればいい。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ