ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.7.16 11:17日々の出来事

ニヒリズムを超える人材よ、来たれ!

枝野幸男の「女性・女系天皇」すら決められない態度
を見ていると、やっぱり政治に影響力を与えるパワーが
必要だと思う。

極左や極右がそういうパワーを持っていて、健全な庶民
感覚の保守がいつまでも「サイレント・マジョリティー」
で安穏としているから、日和見の政治家ばっかり出てくる
のだ。

ノイジー・マイノリティーの、左翼プロ市民か、ネトウヨ
ばかりが政治に影響を与える現状を変えねばならない。

「ゴー宣道場」を、政治に影響を与えるパワーに育てる
人材が必要だ。
道場から政治家が出るようになってもいいし、あえて
言うなら、倉持氏を政治家にしてもいいと思う。

そこまで考えておかないと、ただ議論して、仲間意識で
和気あいあいと、政治や社会の評論だけしてる連中で
終わってしまう。

それでは結局、ニヒリズムから脱することはできない。

ただ熱心に聴きに来てくれる「良き観客」が大多数で
あって構わないが、一定数のプロの腕前を「ゴー宣道場」
のために試してみたいと考える者たちが出現してきた
ことは、千載一遇のチャンスである。

今朝、メーリスで、東海設営隊の百式改という門下生が、
昨日の生放送に感銘を受けたと言い、「ゴー宣道場」の
理念を東海に根付かせることが、プロの社会人として、
絶対に出来ると誓っている。

天下国家を変える相談を、彼らと何度でもやらなければ
ならない。
あっという間に終わってしまう人生の中で、いっぺん
くらい、大きな試みをやってみても、損はないだろう。
小林よしのりと共に、全国規模で戦ったという経験は、
何かの役に立つはずだ。

ニヒリズムを超えようと思う人材はやってきてほしい。
全国推進隊長ちぇぶに申し出てくれ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第100回

第100回 令和3年 9/12 SUN
14:00

テーマ: 「常識の逆襲」(ゲスト:中川淳一郎氏)

INFORMATIONお知らせ