ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.9.9 21:06日々の出来事

「おどれら正気か?」と門下生のこと

大阪から戻ったが、「おどれら正気か?」のライブは、
笹さんの評価も、各方面の評価も、わしの奥さんの
評価もよく、成功したようだ。
泉美木蘭さんは「血道」を「けつどう」と読んだのが
ウルトラ級のギャグだった。
さすがわしの相棒やね。

カレーせんべいは「おどれら正気か?のライブは大阪
でしかやれない。他には渡さない。」と息巻いていたが、
確かに当日に向かっての盛り上げかたも、当日の会場の
一体感も非常に心地よくて、大阪に特化したイベントに
すべきかもしれない。

途中でゴタゴタはあったが、終わってみると、設営隊の
諸君には感謝しかない。
よくやってくれた。ありがとう。

今回は「韓国とは何か?」でほとんどの時間を取ったが、
観客はその硬派な内容に目を輝かせ、聞き入ってくれて、
嗤うツボは一瞬にして爆笑になるし、最後に顰蹙気味の
ブス話をしたらもっと楽しんでくれた。
わしはこのやりやすい環境を大事にしたい。

茶魔が大好きになったという可愛い少女に、控え室で
サインを描いてやってたら、だふねの娘がわしのすぐ
横で覗き込んでなついてくれたので可愛かった。

シュウの「KATTENA」は、ちぇぶらが校閲を厳重にした
はずだが、「泉美」さんの「美」が抜け落ちてる箇所を
瞬時に発見した。
やっぱり校閲は素人には無理だ。
笹さんに校閲を頼むことにした。
こころよく引き受けてくれた。

シュウは編集者を決めて、その範囲でやるのが一番だ。
和ナビィさんはレギュラー執筆者で良いと思うが、
関西以外の人に執筆を頼んだり、取材をした記事は、
仕上がりをチェックしてもらうこと。
迷惑がられたりするなら、頼むな。編集部だけで作る
覚悟でいればいい。
「うちも紹介して欲しい。自分にも書かせてほしい。」
と言われるような冊子を作りなさい。

ちぇぶは関西には自由にやらせなさい。
関西には干渉しない方がいい。よっぽどのミスをしたら、
わしが怒るからちぇぶは怒らない方がいい。
上から目線で人を厳しく叱咤しても、嫌われるだけで
生産的ではない。
あまりにも完璧主義で、全国を担っているから、何かを
焦っているのだろう。
関西はもう自由にやらせていい。
才能のある者が多いから、伸び伸びと表現意欲を発揮
する方がいい。

それから、音響で一度失敗したUが警備の一員を担っ
てくれていたが、失敗したら、一度後退して、次に挽回
するチャンスを待てばいい。
自主的にボランティアでやってくれて、しかも楽しんで
くれればわしは満足だ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第84回

第84回 令和1年 10/20 SUN
14:00

テーマ: 「天皇論『日米激突』」

INFORMATIONお知らせ