ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.9.14 12:23日々の出来事

「安倍政権下での改憲は反対」は言いわけ

「安倍政権の下での改憲は反対」?
立憲民主党が言い、山本太郎が採用した言葉だが、
これは護憲派の「言いわけ」である!
それが見抜けないようでは阿呆に過ぎない。

では、誰の下での改憲なら支持するのか?

立憲民主党は「立憲主義」を掲げて政党を作ったくせに、
自民党との議論すら逃げている。
山尾志桜里は議論を通じて、自民党に立憲主義を認め
させようという意欲があるのに、それを封じるために、
立憲民主党では、憲法審査会の理事を山花郁夫とし、
委員に辻元清美という「9条護憲派」を入れて、山尾
包囲網を作ってしまった。

立憲民主党はもし政権を取っても、9条には手をつけない。
どうでもいい改憲でお茶を濁し、立憲主義の政党だと
誤魔化すことしかできない。

そもそも、先の参院選で立憲民主党は投票数を減らした。
当たり前だ。今までの野党と何ら変わらないからだ。
今頃になって国民民主党と合体しても永田町の論理に
しか見えない。
「反安倍政権」の票数はすでに上限に達した。

立憲民主党が「立憲主義」で戦う保守政党ではなく、
単なる護憲派のサヨク政党だということが国民にバレた。
こうなると野党が一丸となっても、政権交代は無理だ。

山本太郎が同じ間違いを犯している。
保守でなければ政権奪取は無理だ。
共産党と組んだメージダウンは計り知れない。

「安倍政権の下での改憲は反対」・・それは護憲派の
言いわけである!
もう二度とこの言葉に騙されてはいけない!
安倍政権の下でも、議論を通じて立憲主義を根本に
した、良き改憲はできるのだ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第84回

第84回 令和1年 10/20 SUN
14:00

テーマ: 「天皇論『日米激突』」

INFORMATIONお知らせ