ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.9.30 10:35メディア

抗議も執筆拒否宣言もテロである!

文化庁があいちトリエンナーレの交付金を
出さないことにしたことが問題になっている。

表現の自由と公共の福祉のせめぎ合いになるが、
わしは公共の福祉を拡大すると、表現の自由の
幅が狭くなり、それを国家が推奨することは、
巡り巡って公共を侵食することになり、
危険だと思う。

そもそも少女像や昭和天皇の写真を燃やす作品が、
芸術のはずがなく、反日プロパガンダでしかない
クズであり、こんなものに抗議したり、
過剰反応するから、価値を高めてしまう結果に
なっていく。
無視しておけば良かったのだ。
右派は左翼の罠にはまっている。

あんなクズ展示会より、わしのゴー宣
「少女像は神聖不可侵じゃない」の方がはるかに
凄い作品である。
それをSPA!が掲載拒否したので、WiLLに
掲載してもらったが、それを読んだ人たちは
「笑った、真実が分かった、面白かった」
という意見が圧倒的である。
それを掲載不可にしたSPA!の方が日本の表現の
自由にとって大問題のはずだ。

誰から来るかも分からぬ抗議の幻影に怯えて、
作品の掲載を拒否するというところまで、
雑誌は表現封殺に走ってしまっているのだ。

表現の自由を侵すのは、権力だけではない。
民間人による抗議が表現の不自由を
促進するのであり、抗議やポリコレが
表現の不自由を加速させているのだ。

抗議はテロであり、出版界はテロに屈する。
覚悟を問うても無意味である。
雑誌が売れない出版界にとって、抗議は
生命維持装置を引きぬく行為に等しい。

抗議はテロである。
執筆拒否宣言もテロである。
表現の不自由を加速させ、民主主義を
窒息させるのは抗議テロである。

わしは一人で百人を相手に議論してもいいと
言ってるのに、ボツにされる。
わしに覚悟があってもムダだ。
出版界が衰退しているから抗議が一番効く。

わしは表現の自由を徹底的に守る!
わしが嫌な表現でも守る!
それは宣言しておく!

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第95回

第95回 令和3年 2/14 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ禍と女性の地位向上」

INFORMATIONお知らせ