ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.10.29 10:56日々の出来事

育児は国事は正しい

「育児は国事」これは高森明勅氏の名言だ。

ただし、これを政治家が言えば、左翼が猛烈に反発
してくるだろう。
左翼はこの言葉を、「国のために産めよ増やせよと
号令した戦前の国家と同じ思想だ」といちゃもん
つけるだろう。
左翼フェミニズムなら、子供を産めない女性たち
への差別だと文句言う奴もいるだろう。

左翼はチンピラか愚連隊みたいなもので、少子化で
国家が滅んでもいいと思っているし、子供の産めない
女性を被害者と認定して、差別を口実に少子化を
憂う言論を潰しにかかる。
わしはこういうチンピラ左翼が大嫌いなのである。

だが、子供がいないわしでも「育児は国事」という
言葉は正しいと思う。
育児に専念する専業主婦は、ちゃんと社会を形成
しているし、国家の根幹を担っている。

問題は資本主義を純粋化させて弱肉強食の格差社会
を作り上げ、共同体を崩壊させた国家の方針である。

専業主婦になりたい、子供は3人は産みたいと思っ
ても、夫の年収が低すぎれば、妻も働かざるを得ない。
それならば、保育園の充実や、学費や給食費を免除
したり、教育費にカネがかからないようにしなければ、
そもそも子供を育てることができないから、出生率
が低くなり、国家の活力が失われてしまう。

「保育園落ちた、日本死ね」を猛烈に批判していた
自称保守派の連中は、言葉狩りに熱中する左翼と
大して違わない。
「日本死ね」だけに反応して、「保育園落ちた」の切実
さが、少子化・国家衰退に繋がる危うさを察知できない
のだ。
ネトウヨ保守の愛国心などそのレベルでしかない。

左翼もそうだが、政府も国家の衰退に加担している
のである。
そこがネトウヨ保守・安倍ポチ保守には分かっていない。

さらに共同体が崩壊した社会で、子供を育てる困難
さが極限に達しているので、男尊女卑では子育ては
不可能になっている。
新自由主義は自分の首を締め上げる愚策なのだが、
マスコミも知識人もそれを奨励し、国民も騙され
続けている。

そもそも子供を産み育てることは大事だが、近代化
した時代の中で、個人の生の充実を求めることを
否定することもできない。
自分で稼いで、自分の生をとことん充実させる
生き方は男女ともに許されるべきである。

それでは社会をどう再構築すればいいかというのは、
本来は政治家や官僚が考えなければならないのだが、
学者も含めて誰も考えようとしない。
我々が考えるしかないのではないか?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ