ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2019.12.15 08:11日々の出来事

「東海ゴー宣道場」アンケート回答その1

12月8日(日曜)名古屋で「東海ゴー宣道場」が開催
された。
テーマは「正念場を迎える皇位継承問題」
ゲストは山尾志桜里議員。
新規44%の驚くべき結果を出した東海地方の設営隊の
熱さに感化されながら当日の議論に臨んだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆初めて本物の小林よしのりを拝見できて嬉しかった。
高森さんも笹さんも泉美さんも同じです。
また名古屋に来たら参加しようと思う。
(愛知県・50歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
来年5月3日は再び名古屋で「ゴー宣道場」なので、
ぜひ参加してください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆高森先生の皇嗣、皇太子の説明はとても分かりやす
かった。
男系派はシナの思想から抜け出せず、現在の日本の
常識からはズレまくっている。
(愛知県・46歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
シナが嫌い、中国・韓国は儒教に冒されているから
ダメだとか言ってるくせに、奴らしっかりシナ男系
主義に感化されてるよな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆「立皇嗣の礼」、本当に摩訶不思議なイベントです。
廃嫡、注意しようと思います。
廃嫡になると騒いでいる人達は天皇陛下を廃嫡(廃太子)
しようとした人たちじゃないのかと思います。
まだ旧宮家の復活などと言っている人がいることに
おどろきです。
自分たちの目の黒いうちは、といって先のばしへの
危惧、同感です。
(兵庫県・44歳男性・公務員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
男系絶対固執だと振り上げたこぶしを下ろせずに、
必死で足で支えてひっくり返ってるような連中だよ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆高森師範の実証的・論理的な話に感銘した。
特に養老令の「女帝」の子の話。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
女帝の子も亦同じ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆高森先生の話を聞きたくて参加しました。
おもしろかったです。
高森先生がキラキラされていて魅力的でした。
(大阪府・46歳女性・主婦)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キラキラですか。張り切ってましたよね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山尾議員から説明のあった女性天皇と女系天皇と
女性宮家は1本の糸でつながっている話。
また高森先生から説明のあった皇室典範を変えれば
済む話、1割のノイジーマイノリティが反対している
という話はとても分かりやすく、印象深く、勉強に
なりました。
男系派のヘリクツを粉砕してくれた第1部は刺激的
でした。
(東京都・32歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第1部は無料で生放送だから、その間に男系派を粉砕
しておきたかったわけです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆“ソクイ レイセイ デンノギ”の話、笑いました。
しかし、自民党幹部ですら我が国の歴史を知らないし、
知ろうともしない現状は決して笑えないと思いました。
(愛知県・49歳女性・司法書士)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何が保守だよって話だな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆「山尾さんを助ける!」はじめの小林先生の言葉が
ひびき、そして実際にお話をきいて確信した。
お話のすばらしさはもちろん、山尾さんの声は人を
ひきつける。
そして目が歌舞伎役者のようで、のちに「首相」に
なる人だと思った。
(三重県・51歳男性・教員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
首相にしたいんだけどね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆山尾先生の話を聞いて、皇室の方々には改めて
「やっていただいている」という気持ちになりました。
又、立憲民主党の中には、ホンネでは皇室がなくなった
方がいいと考える人がいるのではないかと疑ってしまい
ます。(特に旧社会党・社民党系)
(愛知県・51歳男性)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
わしもそう疑ってます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆最近の政治の状況にうんざりしていて、もう興味も
なくしていたのですが小林先生が戦うゴー宣道場と
発言しだしたので、もう1度参加してみようと思い
ました。
山尾先生の話は大変感動しました。フィクションと
ノンフィクションの話、国民統合の象徴という巨大な
フィクションとして、つねに完璧を求められる皇室の
方々の気持ちは私たちには想像できません。
男を生めなどという理不尽さから解放するという強い
気持ちを感じました。
(愛知県・39歳男性・トラックドライバー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「戦うゴー宣道場」で反応してくれた人がいるという
ことが心強いね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆必要なのはリーダーではなく、皆が論客になる事、
が印象的でした。
論客になるには、もっと学ぶ必要がある、我々の声で
議論を国会で!という後押しが出来ると分かったので、
そういう声を挙げて行きたい。
(愛知県・40歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国会で議論させねば!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆危機的な状況をむかえているのだということを
改めて認識した。
男系論者の問題のすりかえ、思想の根幹にあるものも、
高森先生とよしりん先生の絶妙なトークでよりわかり
やすく明らかにされたのではないかと思う。
参加前に天皇論をざっと読み返し易姓革命などについて
おさらいしておいてよかったと思います。
話の理解が深まりました。
(愛知県・50歳女性・地方公務員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
えらいなあ。ちゃんと勉強してくれて。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆甘利発言に油断してはいけないというよしりん先生
のブログがずっと気になっており、今回の話で、男系が
絶対に皇位継承順位は変えさせない考えの上で、
女性宮家を創設するという案を出してくるのは、結局、
男系上位の主義で皇統の安定継承に向けて、何の解決
にもならないと思います。
(静岡県・41歳男性・予備校生)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
奇妙な折衷案が出てこないことを祈るけどね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆皇室が側室を否定している時点で男系だとダメだと
言っているのと等しいのですね。
直系の愛子様より悠仁さまを優先するのはやはり
男尊女卑だと思った。
当時の民進党で天皇陛下の退位にもっていけたのに、
立憲民主党は女性宮家女性天皇の道を作れないのが
不思議です。野田さんがいないから?
(愛知県・35歳男性・会社員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
野田氏がいないのは痛い。枝野は関心ない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆具体的な質問が出ていて活発でした。
皆さん、熱心でまじめですね。
妻とは(ゴリゴリの男系主義者)意見が合いませんが、
一度ゴー宣道場に連れて来なければと思いました。
(神奈川県・52歳男性・船員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
妻が男系主義者ってそんな人いるの?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆初めての名古屋開催とは思えない設営隊の手際の
よさが素敵でした。
前説を30分近くやっていて熱意が伝わってきました。
(愛知県・52歳男性・総務、人事)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前説から頑張っているのは立派だね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆あっという間に3時間が過ぎてしまいました。
愛子様が皇太子になれば、時代が大きく変わるという
小林先生の言葉は本当にその通りだと思います。
最後まで気を抜かず、注視したいと思います。
(大阪府・39歳男性・保育士)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国家ビジョンを持たないからね、与党も野党も。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆「困難があっても少しでも希望のある道を進む」
とか「変わった」と言うのではなく、「変わったね」
とほめて伸ばすとか、パンチラインが多くて面白かった
です。
真面目な議論をユーモアをまじえて語るのが最高でした。
愛子様は皇太子に絶対になってほしいと思いました。
今回道場に参加できてとても良かったです。
5/3も是非参加したいです。
5/3は絶対に仕事を休みます。
(愛知県・46歳男性・郵便局員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
現場を大切にと言っているが、何にだって例外はある。
「ゴー宣道場」はその例外に相応しい(笑)。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ