ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.1.18 08:22日々の出来事

東海設営隊の活力は尋常ではない

東海設営隊長I氏から報告が来たが、5月道場の会場が
決定し、告知を始めるという。
200名以上入る会場だから不安だが、東海の設営隊員は
意気揚々と挑戦する構えだ。

告知の手順を書いてきていたが、ツイッターや、インスタ
グラムや、ネット上のイベント告知や、本屋でのチラシ
配布や、山尾事務所との連携などを書いている。

驚いたのは駅前で街頭チラシを配りつつ、マイクと
スピーカーで辻説法を行うと書いてある!
辻説法~~~~~~~~~!?
市役所の許可が下りたら実行するという。
とんでもない行動力だ。勇気が凄い!

しかも隊員も2名増員したという。
19日には決起集会をやるという。
この連中はもう手が付けられない状態だ。

東海設営隊はもはや「ゴー宣道場」全国設営隊のエース
であって、玄洋社状態だろう。
わしは全国どこでもが、こんなものすごい活動をしろ
なんて言わない。東海は特別だ。
他の地域の設営隊は引け目を感じる必要はないぞ。
東海は特別なんだから。

わしはね、ここまでやったら失敗したって褒めるよ。
失敗なんてなんてことはないよ。
わしは人間の活力がどんどん衰えてきている日本の
状況の中で、元気な人間がいる、生きてる人間がいる
と感じるだけで、わし自身のやる気も沸騰してくるんだ。
東海設営隊の諸君は本当に凄い!パーフェクトだね!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ