ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.1.25 01:14日々の出来事

考古学を学ぶミス日本

1月20日、「ミス日本コンテスト2020」が東京・新宿の京王プラザホテル
で開催された。

グランプリに輝いたのは小田安珠(あんじゅ)さん。
慶応義塾大学で考古学を学んでおられる。
私はかなり前から毎年、コンテストの最終選考に残ったファイナリストの
皆さんに、彼女達が背負うべき「日本」とは何かについて、勉強会で
レクチャーしている。
最初、主催者から「ファイナリストは僅か十数名しかいないのですが、
少数でもご無理をお願い出来ますか」と打診を受けた。
「無理なんてとんでもない。万難を排してお受けします」と、
“下心”全開で快諾した。

それから現在まで、果たしてお役に立ているのか分からない。
それでも、彼女達が受けるレッスンのトップバッターとして、
私の講義が位置づけられているようだ。
本選前日の激励会では、私自身の都合で中座した為に、ファイナリストの
2人にしか声を掛けることが出来なかった。
その1人が小田さんだった。

「ロングドレスを着るのも初めてで、これをを着ているだけで緊張します」
と正直に話してくれた。
大学で考古学を学ぶきっかけの一つは、「インディ・ジョーンズ」への
憧れがあったと、愉快なことを言う。
「去年はミス日本にチャレンジしたので、行きたかった発掘調査に参加できず、
残念だったので、今年こそ参加したい」と意欲の述べていた。

それに対し、私は「でも、明日の結果が素敵なことになれば、
それもどうなるか分からなくなるかも」と応じていた。
実際に「素敵な結果」になった。
小田さん、おめでとう。彼女の座右の銘は「泥臭く、粘り強く」。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ