ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.1.25 07:30日々の出来事

自由な発想と先例破り

新潟の女性門下生は一人で会場を見つけて、一人で
パブリック・ビューイングをやると決め、一人で
チラシを作って、一人で書店に置かせてもらう交渉に
成功し、すでに6人集めている。
こういう門下生ばかりだったら、ちぇぶも苦労しない
だろう。

全国聞造会の議論プログラムを全国推進隊長ちぇぶから
受け取り、内容が大胆で驚いた。
昨夜電話で話したが、もう発想のレベルが自由すぎて、
頭の固い者は追いついていかないだろうなと思う。

人間というのは無意識に先例に捉われ、行動規範を
作ってしまうもので、まるでそれが原理原則であるか
のようにルール化し、馬鹿な奴だと原理主義化まで
してしまう。
皇統の男系固執主義者がいい例だ。

ちぇぶの考え方にはルールがなくて、目標に向かって
邁進するだけなので、どうしても頭の固い者は理解
できずにぶつかってしまう。
ちぇぶは目標邁進のためにスピードアップしたいのに、
いちいち無駄な手間を取り、事態が動かないから、
イライラしてしまうのだ。

人を育てるようにわしは言ったのだが、やはり何十年
続く共同体を作りたいわけでもなく、目標をいかに
短期間に達成するかの勝負なので、教育に手間をかける
暇はないのだ。

ちぇぶの構想では、もはや地元に設営隊ができて、
招聘されて「ゴー宣道場」が開催されるという暗黙の
ルールも要らないと言う。
観客さえ来てくれればいいのだから、開きたい場所へ
実働隊を派遣して設営してしまえばいいと言う。
信頼できる戦友がいるし、現地調査は自分がやるので、
全部、自分が責任もって実現すると言い切ってしまう。

呆れてしまった。
男でもそこまで太っ腹な人間はいない。
今の「ゴー宣道場」の目標を短期間で達成するには、
確かにそれしかないかもしれない。

民主主義の弊害は目標達成のために煩わしい迂回が必要
になることで、中国を見れば分かる通り、独裁制なら
あっという間に1千万都市でも封鎖できる。
共同体を作るのが目的ではない「ゴー宣道場」で、どう
しても共同体を作る発想になる門下生がいて、民主主義
的な無駄な議論をする者がいれば、ちぇぶが地元の設営隊
にこだわるのは止めようと言い出すのも理解できる。
地方分権ではなく、中央集権の方が、目標達成には速い。

わしは好きにやっていいと言った。独裁でも何でもかま
わない。
「ゴー宣道場」は麗しい共同体ではないし、人はいつ
死ぬか分かったものじゃない。
ちぇぶの圧倒的な行動力に協力したいと思う者がいれば、
名乗りを上げて欲しい。
ただし、独裁を手伝うくらいの気構えが要る。
そのつもりで協力したら、案外優しい人だなと思うだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ