ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.2.23 01:59皇統問題

秋篠宮殿下ご即位辞退の可能性

平成31年4月21日付の朝日新聞は、秋篠宮殿下がご即位を辞退される
可能性について言及されたことを報じた。
一見、突飛な報道のように受け取られたかも知れない。
しかし、現在の皇室典範の規定のままでも、法的には不可能ではない
(第3条。園部逸夫氏『皇室法概論』57ページ)。
だから、極めて重大な報道だ。

しかし、宮内庁は結局、この報道を否定しなかった。
この件より、重大性において遥かに下回ると見られるケースでも、
厳格に否定して来ているにも拘らず。
この事実が持つ意味は重い。

しかも、秋篠宮殿下のご年齢は、天皇陛下より僅か“5歳”下でしかない。
天皇陛下がもし(この度の上皇陛下のように)85歳で譲位されたら、
その時は既に80歳になっておられる。
ご高齢になられた場合、健康状態の個人差は大きい。
畏れ多いが、過去には昭和天皇より4歳お年下の高松宮が、昭和天皇より
2年早く亡くなられたような例もあった。
客観的に考えて、80歳(又はそれに近いご高齢)になられてからご即位戴くのは、
現実的ではあるまい。

そうかと言って、秋篠宮殿下の為に、お元気な天皇陛下が早々と
譲位されるのは、この度の上皇陛下のご譲位とは趣旨が違ってしまう。
或いは、恣意的なご譲位とも見られかねない。
だから常識的には、秋篠宮殿下が実際に即位される可能性は、
実はかなり低いと見なければならないだろう。
皇位の安定継承への道を探る場合、そうした現実も冷静に
考慮しておく必要がある。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第89回

第89回 令和2年 5/3 SUN
14:00

テーマ: 【開催延期】「立憲主義は常識だ!」

INFORMATIONお知らせ