ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.3.8 00:00日々の出来事

いよいよ中四国ゴー宣道場!

コロナのおかげで、倉敷の大原美術館がガラガラ。
ゆっくり見れた。
全国の美術館博物館で休館だらけになっているときに、
大原美術館はえらい!
よく開けていてくれた。

近所の美観地区の土産物の店も並ばずに入れて
目的の品が買えて良かった。
コロナもわしにだけは特典を与えてくれるな。

夕食はしろくまさんオススメのイタリアンでしたが、
ちぇぶが今後の中四国の展開について、くだらないこと
言うので、わしが怒って容赦なく論破。

ちぇぶが泣いて反抗するので、しろくまさんは
必死で庇っていた。
女が泣いたからと言って、わしが甘くしたら、
フェミニズムに嘲笑される。
かと言ってやり込めても、わしがミソジニーだと言うだろう。

だが、かつてわしに論破された男が泣きながらキレて
去って行った例が何度もあった。
それに比べれば、ちぇぶは泣きながら議論を続けるので
大したものだ。男よりは強い!

今日のゴー宣道場は、朝、体調悪い人は絶対来ないように!
神様の前に生け贄に出されても恥ずかしくない清浄な身体で、
顔を輝かせてやって来るように。

全国でパブリックビューイングの開催を決めた支部も、
万全の対策をとってやってほしい。

では、午後2時に会おう!

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ