ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.3.11 11:32日々の出来事

5月3日「東海ゴー宣道場」応募開始!

令和2年5月3日(日曜)、憲法記念日、名古屋にて
「東海ゴー宣道場」が開催される。
テーマは『立憲主義は常識だ!』である。

安倍政権が新型コロナウィルスの水際対策を誤り、
後手に回った対策で右往左往する中、果たして
憲法改正までやれるのかどうか怪しい。
コロナの侵略阻止は、国民の安全を保障すべき政府の
仕事であるはずなのだ!

さらに山尾志桜里議員が国会で質問していたように、
コロナ対策のために、政府が緊急事態宣言を出すとき
の歯止めがないままの特措法を、枝野民主党が丸呑み
するようなら、国民が権力を統制するという「立憲主義」
が蔑ろにされることになる。
立憲民主党は「立憲主義」ではない!

「立憲主義」はコロナ騒動の最中でも、常に脅かされ
続けている。
5月3日には、山尾志桜里氏、井上達夫氏、伊勢崎賢治氏
をゲストに招いて、「国民が国家権力を統制する」という
「立憲主義」が常識であることを、あらゆる角度から
議論する大イベントになるだろう。

参加応募締め切りは4月22日(水曜)だ!
コロナ幻想をぶっ飛ばせ!
コロナパニックに挑戦せよ!
応募を開始しているぞ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ