ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.3.26 10:39日々の出来事

皇統問題の突破口を開く行動

コロナのから騒ぎで重要な政治案件が全て吹っ飛ん
でしまって、安倍首相はずいぶん得をしている。
コロナの収束はまだまだ先だから、皇統問題が
「先送り」になる可能性が高くなってきた。

先日の皇統問題解決のための会議には、福岡から、
秋田から、なんと全国から自腹を切って駆けつけた
尊皇派の門下生が集結した。
彼らには感謝する。
政治的な行動は山尾志桜里議員がやってくれる。
国民として何ができるかは、議論ではもうない。

ポピュリズム込みの具体案を、自分が30万くらい
カネを出してもいいとまで言ってくれた弁護士ゴー
のような熱い奴がいた。

だが、個人が出す額としては制限を加えた方がいい
ので、カンパは千円から二十万円とする。
わしもカンパをするが、運営に関しては関わらない。
小林よしのりの名も、「ゴー宣道場」の名も出さない。
あくまでも国民運動を目指す。

ちぇぶは猛烈な勢いで、皇統問題の仕事を始めた。
成功するか否かはどうせわかりゃしない。
まず一直線に目標に向かって邁進するのみだ。
挑戦と冒険が人生の実存を感じるための行為だ。

会議の場で、あれもこれも自分が引き受けると言う
ちぇぶの主体性の強さはさすがだ。
必要な時に、必要な人材として、ちぇぶが現れた。
行動せずに口だけ出すという者は多いが、行動が
原則となっている女性は珍しすぎる。
フェミニズム方面だけでなく、保守の側にもこういう
女性はもっと現れなければならない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第90回

第90回 令和2年 7/12 SUN
14:00

テーマ: 「コロナの正体」

INFORMATIONお知らせ