ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.3.29 07:56日々の出来事

ゲンロンカフェの議論の件

昨日はゲンロンカフェで19時から24時まで5時間
の鼎談だったが、帰宅して風呂に入って2時ごろ寝た
のに、5時過ぎに起きてしまった。

5時間も議論すると脳が休まらないので翌日に影響
して疲れるが、立場の違う者とじっくりやってみる
のもいいだろう。
特に東浩紀は思想的に得られるものはある。

三浦瑠麗は皇統問題だけは評価できると思っていた
のに、「廃嫡」なんて造語を使って男系派に擦り寄る
文章を書いていたので、失望していた。
いまだに道鏡の皇位簒奪という男系派の陰謀論を
言ってるのもトホホ感がある。

三浦氏は自らをエリートと称していたが、エリートっ
て何なんだろう?
権力に食い込んでアドバイスする立場のことか?

だが昨日の鼎談では、三浦瑠麗も、たかがコロナで
「強権発動」を国民の多くが望んで、自ら民主主義
を破壊しようとしているという見解に同意していた
から、その点に収穫があった。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ