ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.3.31 11:27日々の出来事

4月末にコロナの死亡者が300人に達するだろうか?

昨日、りか坊と打ち合わせし、次の『よしりん辻説法』
のテーマを考えていたのだが、発売が4月28日なので、
ゴールデンウィーク前にコロナの状況がどうなって
いるかを予測しなければならなくなった。

日本のインフルエンザの一か月の感染者数は90万人
くらいだから、コロナも4月末には360万人くらいに
なっていなければおかしい。

だがコロナ感染者は1月21日から3か月経過したが、
まだ1953人だ。死亡者が56人。
感染者も死亡者も倍々に増えると思っていたが、どう
やらこの分じゃ4月末まで待っても、感染者はせいぜい
5000人くらいだろうか?
死者は300人くらいと見ておくべきか?

インフルエンザは日本で一か月800人の死者が出て
いる。
だがコロナの死者はまだ56人。圧倒的に少ない。
実は2016年における肺炎の死亡者数は10万人以上
(119300人)に達している。
今年は例年の肺炎死者に、コロナ肺炎の死者を足して、
20万人くらいになるのだろうか?
だが現在、コロナの死者は56人だ。

わしの勝手な予想では、4月末には、感染者は5000人、
死者は300人、これで描いていいだろうか?
わしは一か月後発売の『よしりん辻説法』をどんな
調子で描くべきなのか悩んでいる。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ