ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.4.1 11:50その他ニュース

コロナはそこまで怖がらなくていい!和田秀樹氏に完全同意!!

連日連日、コロナ怖いコロナ怖いコロナ怖いの大合唱、
「コロナなんて大した病気じゃない」などと
言おうものなら非難の嵐、
居酒屋で酒飲んで出てきたら
表には「羽鳥慎一モーニングショー」の
取材スタッフが張り付いていて、
悪いことをした、後ろめたい
というようなコメントを言わされ、

さあロックダウンだ、緊急事態宣言だ、
強権発動カモ―――ン!!!
……という空気に染まりまくった、
ほとほとトチ狂ったメディア状況の中、

新聞では初めてじゃないかというような
納得のいく意見が掲載されました!

本日の産経新聞「正論」欄の、
精神科医・国際医療福祉大学教授、和田秀樹氏による
「日本の医療活かしコロナ対策を」
という論稿です!
全文はコチラ
https://special.sankei.com/f/seiron/article/20200401/0001.html

新型コロナの新型肺炎による死者は30日現在59人で、
年齢が公表されているケースはがん患者を除き、高齢者のみ。
これはかなり少ない数だといえる。

日本では普通の肺炎でも毎年10万人が死んでいて、
その9割以上が高齢者である。

海外の劣悪な医療水準では一定数の死者が出るかもしれないが、
日本では、新型コロナウイルスが経済活動などを犠牲にしてまで
感染拡大を防ぐことを最重視しなければならないほど
怖いものとは思えない。

イギリスでは失敗した「集団免疫」の発想は、
日本でこそ役立つのではないか。

ずっとよしりん先生がブログで発信してきたことであり、
よしりん先生も「100%同じ意見」だと言っています。
それが、高齢者医療を30年以上やってきたお医者さんの
意見なのですから、本当に心強いです。

不安を煽って視聴率を稼ぐ
パニック商法の番組は、
きっと近いうちに化けの皮が
剥がれることでしょう!

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ