ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.4.8 16:51その他ニュース

「平均的意見」は庶民の「常識」にもなれば、大衆の「熱狂」にもなり得る

ライジングコメント欄からの
ご意見紹介です!

なお、これはコメント欄の
「上岡局長」さんの意見
に対する反論です。

 


 

>>43
論点が全くズレています。
「キスハグ習慣が無い」ことを緊急事態宣言が不要の根拠とはしていません。
それはあくまでウイルスが侵入し始めた当初の段階における感染拡大のスピードを左右した根拠に過ぎません。
よしりん先生は、毎年のインフルエンザの感染者数や関連死含む死亡者数を鑑みて、一千万人まで感染者数が伸びても良い、と主張しています。
そこまでならば持久戦で粘っても良い、というラインを示しています。
何故なら我々は毎年それだけの感染者を出すウイルスと共生しているからであり、それは「日常」であって「緊急事態」ではないからです。

欧米は大変な状況になっていますが、国ごとに事情が異なる(医療制度や医療保険の違いや国民性など)のは『ライジング』やブログで述べられている通り。
日本はまだ持久戦で充分に戦える段階、という判断です。
もちろん死亡者数が急増するなど、事態が急変する可能性はゼロではありません。
でもそのようなリスクは他のウイルスにも常に存在するものです。
緊急事態宣言の根拠にはなり得ません。

また「これが平均的意見」と示すことには何の意味もありません。
戦時に軍部を支持していたのも当時の「平均的意見」だったでしょう。
「平均的意見」は庶民の「常識」にもなれば、大衆の「熱狂」にもなり得ます。
自分の意見は平均的だからというところで考えを止め、疑うこともやめてしまうことを師範らは「思考停止」と指摘されているのだと思います。
そもそも、その意見が「平均的」だと判断する根拠は何でしょう。
ネット言論が根拠だとすれば、井の中の蛙に過ぎません。
その判断に落ち着くことを良しとするのも「思考停止」だと思います。
(M.Oさん)

 


 

自分の考えは世の中の「平均的意見」だというのは、
正当性を保証するものとは限らないというのは、
まったくその通り!

そもそもそんなこと言い出したら、
よしりん先生はいつも意図しているわけでもないのに
気が付きゃ異端の意見ばっかり言っていて、
今回の新型コロナに対する意見など、その最たるものです。

「平均的意見」だから正しいのなら、多数決は常に正しい、
少数派は無視していいということになってしまいます。
多数意見に流されず、思考を続けましょう!

トッキー

次回の開催予定

第89回

第89回 令和2年 6/14 SUN
14:00

テーマ: 【限定開催】「コロナと緊急事態条項」

INFORMATIONお知らせ