ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2020.5.16 06:00その他ニュース

Zoomで高森稽古照今塾

先日、Zoomとやらを利用してライブ配信方式で
高森稽古照今塾の講義。
私にとっては初めてのZoomによる講義だ。
事前には少し気になることもあった。
 

この塾は、元々「爆笑!目からウロコ塾」と名乗るつもりだったほど、講義中、大切な知識の紹介と共に、受講生らを思いっ切り笑わせるのを取り柄としている…つもり。だが、双方向と言っても、オンラインで彼ら彼女らをしっかり笑いの渦に巻き込むことが可能だろうか。そんな不安があったのだ。笑いには、絶妙のタイミングと空気感が欠かせない。パソコンやスマホなどの映像を通したやり取りで、それをうまく掴むことが出来るかどうか。しかし、案ずるより産むが易し。
予想以上のノリで2時間の講義を終えることが出来た。
テンポ良く進められたし、笑いも頻繁に起きた。
これは、塾の運営スタッフの優れた技能は勿論、
受講生達がみんな、予めしっかりZoomの操作を
身に付けてくれていたお蔭だろう。

彼ら彼女らは主に20代・30代の優秀で向上心に
富む社会人達。
当然、理解力も高い。
だからとても話しやすい。

オンラインでも、少なくとも私には、
殆ど違和感が無かった。
私は教育の土台は人格の交流だと信じている。
率直に言ってオンラインでは、私の独断と偏見による限り、
人格の交流は覚束無い。

それ故、私の塾でも、次回からは出来るだけ
対面講義に戻したい。
でも、今回はそれなりに楽しめたので、もう一度位なら、
こういう形式でやっても良いかも知れない。
よほどのことが無い限り、私は今後、もう二度と
オンライン講義なんてやらないはずだから。

それとは別に、先月の塾はオンラインでの
対応も出来ず、延期になった。
約束を違(たが)えることになるので、
その分をどこかで取り戻す必要もある。

【高森明勅公式サイト】
https://www.a-takamori.com/

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第101回

第101回 令和3年 10/10 SUN
14:00

テーマ: 「女性天皇・女性宮家は不可能なのか?」(ゲスト:矢部万紀子氏)

INFORMATIONお知らせ