ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.5.26 10:47

怯えた巣ごもりが戦士なのか?

羽鳥モーニングショーが、「自粛」を讃美し、怯えて家に
閉じ籠った臆病者を「戦士」と称え、さらなる不安を煽る
報道をしていた。
怯えていただけの者がなぜ「戦士」なのか、さっぱり
分からない。

そもそもこの番組、「コロナはまだ流行してなかった」
前提のはずなのに、「自粛に効果があった」というのは、
サイエンスになっていない。

しかも、岡田晴恵は「流行らなかった分、秋冬の被害は
莫大に多いわけですから」と予言していた。
「2週間後は東京もニューヨークのように地獄になる」
いう予言は外れたのだが、またしてもノストラ岡田ムスの
大予言だ。

小池自粛要請や、緊急事態宣言の効果があったか
どうかは、今後も考察していかねばならない。

わしは7月発売の予定で「コロナ論」を描き進めて
いるのだが、科学者がまだ新コロの正体を完全に
把握できていない以上、どうしても「予言」は必要に
なる。
当たらなかったら信用を失う。
テレビは言いっぱなしでいいが、書籍はそうはいかない。
責任感の大きさが全く違うのだ。

今現在の問題点も毎日、出てくる。
今週土曜日も「おどれら正気か?」をやらざるを得ない。
喋ってみて、反応を見て、確信を得て、描き進めると
いう手法をとるしかない。
「コロナ論」は時事的な論考に終始するものではなく
(その分は「SPA!」の連載で描くが)、この国の問題点
を抉らなければならず、今話題にされている事柄より、
もっとマクロな視点から描かねばならない。

そして新コロに直接関係はないが、黒川検事長の
問題や、女子プロレスラーのネットいじめの件も、
重要だ。
「おどれら正気か?」で話しておこう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ