ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.6.15 07:25日々の出来事

金塚彩乃、実に素晴らしい法律家だ

昨日の「ゴー宣道場」はコロナ禍のストレスが一気に晴れる
最高の面白さだった。
フランス法に精通した金塚彩乃弁護士は、コロナ禍で次々
に溜まっていくわしの疑念が、全て違法行為の連続だった
ことに起因することを明らかにしてくれた。

法的根拠のない強要を、国家権力から強いられ、東京都
から強いられ、マスコミから強いられ、自粛警察から強いられ、
日本人の同調圧力から強いられ、不愉快でたまらなかった
のだが、ようするに日本は無法地帯と化していたのだ!

もともと日本人は「良き慣習」と「単なる悪習」の選別も行え
ないバランス感覚の劣化が目立って来ていたが、かといって
近代国家のはずなのに、「立憲主義」すら関心がないという
「民度」の低い国に堕していると思っていた。
それがコロナ禍で一気に吹き出した格好だ。

立憲主義どころか「法治国家」の意味・意義すら分かって
いないということを、つくづく思い知らされたので、また
金塚弁護士にはゲストにお迎えしたい。
まだ積み残しの課題がある。

しかし、東大法学部卒って山尾志桜里以外にも、優秀な
人間がいるんだな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ