ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.6.25 10:46政治・経済

「外出禁止や休業を強制できる法改正必要62%」のニュースを見て

門下生メーリスからの
ご意見紹介です!!

 


 

ちぇぶです。

NHKの世論調査で「外出禁止や休業を強制できる法改正必要62%」のニュースを見ました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200623/k10012480041000.html

再び経済活動を止めてしまうことをなんとも思わない人たちがこれだけいるということに愕然としました。

それにしても不思議なのは、自粛をしたためにこれだけ日本経済が大変なことになっているのだから、
個人差はあるにせよ家計はダメージを受けているはずなのに・・・。

ここで私はふと思うことがあります。
「年金の支給について考えないのか」と。

外出禁止・休業強制をしたら、また経済活動が低迷することは容易にわかります。
収入は激減。そんな時に他人の年金のために税金を払っているなんて余裕はありません。
みんな自分のことで精一杯。

経済活動の余剰金があるから、税金を納めることができ、年金も払えるわけですから、
余剰金が生み出せないような状態の時、年金は支給額の減少、もしくは停止を考えてもいいのではと思います。

このような考えをすると「高齢者という弱者に対してひどい」と言われるでしょう。
でも、外出禁止も休業要請も憲法で定められた権利を侵害し、
人権を侵害するという大変ひどいことをしています。
さらに収入がなくなるという点では同じです。

生産者が経済活動をしてお金を生み出していかないと、
日本の社会は維持できません。
お金がなければ年金が払えないのは当たり前だし、
休業補償も同じことです。

他人の権利を侵害することは、結局は自分の権利が侵害される。
そのことを理解して、上記の法改正を望んでいるのでしょうか。

先生のブログにあったように、日本の空気が全体主義に向かっていますね。
私は先生の思想の「個の連帯」を実現したくてここにいます。
独立した個による連携が、コロナ禍を終結させ日常を取り戻し、真に日本の繁栄をもたらすと信じています。

 


 

電話世論調査って、若い人は忙しいから回答したがらないし、
そもそも見知らぬ番号からの電話には出ないから、
回答者はヒマがあって電話に出る高齢者に偏る
傾向があると聞いたことがあります。

だとしたら、自分はすでに年金もらっていて
食うに困らず、
死ぬまで生活が保障されている身分で、
かつ、外出禁止や休業強制で若い人がどれだけ困るか
ということを考えもしないような老人が主導して、
この世論調査結果を出したとも考えられます。

そんな年寄りの年金を
まずカットしたらどうだ?
と言いたくなりますが、
暴論でしょうか?

トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ