ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.7.20 10:22日々の出来事

『よしりん辻説法』とりか坊

りか坊が異動になった。わしは異動が大嫌いだ。
担当編集者はすっかり信頼して身も心も任せていたら、
あっさり異動になる。
それが腹立つ。

けれど、りか坊は『よしりん辻説法』の重要キャラでもあり、
キャラが立っているから、漫画そのものの質に関わる。
テーマを決めるときも、単行本を作るときも、相当に
役に立っている。
ということで、りか坊は異動先の仕事と、『よしりん辻説法』
の担当を特別に兼任でやってくれることになった。
それを許してくれた上司の方々に感謝する。

「このコロナ禍では、読者がわしにコロナ情報を期待して
いるので、全くコロナ抜きの作品を描いても、肩透かしに
なる。なんとかこの状況を混ぜて描いて欲しい」とアドバイス
したのもりか坊だ。
商売も考慮するなかなか抜け目のない編集者だ。
そのおかげで『よしりん辻説法』は当然、絶好調で続いて
いるが、単行本はFLASH編集部で出すらしい。

りか坊は書籍部に移ったので、そちらで描き下ろしの
単行本を出してくれと頼まれ、ちょうど昔からやりたい
企画があって、描きかけの原稿が40pくらいあるので、
来年はその続きを描き下ろすことにした。

「世界のゴー宣ファンサイト」も、りか坊は見ていて、
「よしりん語」にも期待している。
次号にはさっそく1個、採用している。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ