ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.7.31 09:59日々の出来事

李登輝元総統、逝去

李登輝元総統が逝った。
いつかこの日が来ると思っていたが、やっぱり来た。
必ず人は死ぬと分かっているのに、やっぱり残念だと
思う人がいる。

全世界の政治家の中で、唯一、尊敬できるのが
李登輝だった。
李登輝の頭の良さと胆力は尋常ではないし、圧倒的
なスケール感を持ちながら、恐ろしく繊細だった。

台湾の民主化は李登輝がいなければ成らなかった。
李登輝に巧みに操られて『台湾論』を描いたが、
台湾でベストセラーになり、若者に真の台湾の歴史を
伝えたために、焚書騒ぎになり、わしは入国禁止に
なった。

だが、そのおかげで台湾の若者に、台湾アイデンティティー
を芽生えさせる一助になったと自負している。

自己を育てるためにはどうしても胆力がいる。
隠さねばならぬ真意を伝達するために、相手を信じる
誠実さも要る。
李登輝は凄かった。この評価は変わらない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第91回

第91回 令和2年 9/13 SUN
14:00

テーマ: 「経済と憲法でポストコロナの社会像を提示する!」

INFORMATIONお知らせ