ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.8.2 10:00政治・経済

李登輝氏の期待に応えうる日本人になれるか?

『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論』
発売されたのは今からちょうど20年前。
李登輝氏は77歳、よしりん先生は47歳でした。

読み返してみると、この20年、
日本は何をやっていたんだろう?と
思ってしまいます。
20年前の日本も相当ひどいもので、
政府の中国への媚びへつらいぶりなど
目も当てられないほどでしたが、
それは安倍政権でも本質的に変わってはいない、
というより、もっと進行しています。
習近平を国賓として訪日させようとしていたし、
20年前には閣僚が参拝できた靖国神社に、
安倍政権ではひとりも行けなくなって
しまったわけですから。

李登輝氏は、ずっと日本に期待し、
もどかしい思いをしていたはずです。
その期待についに応えられないままに
終わってしまったことに、
申し訳なくてたまらない思いがします。

そんな中で、台湾人アイデンティティーの
確立に寄与する本を書いて
李登輝氏の期待に応えた
数少ない日本人が、よしりん先生だった
のではないでしょうか?
昨日の生放送の話を聞いていて、
そんな気がしてきました。

そんな歴史的意味もある
不朽の書『台湾論』、
今こそ読まれるべき本です!


Kindleはこちら

そして今からでも李登輝氏の
期待に応えうる日本人になりたいという
気持ちのある人は、ぜひ
『李登輝学校の教え』
お読みください!

トッキー

次回の開催予定

第91回

第91回 令和2年 9/13 SUN
14:00

テーマ: 「経済と憲法でポストコロナの社会像を提示する!」

INFORMATIONお知らせ