ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.8.6 10:04日々の出来事

「そもそも総研」玉川謝罪の恐るべき詭弁

今日の「羽鳥コロナショー」はまたしてもPCR九官鳥
だったが、特に「そもそも総研」とそのあとの、ハンセン
病患者「隔離政策」への謝罪には、恐ろしく巧妙な
詭弁が潜んでいる。
これを見破っておかないと、ハンセン病差別に対する
真の「反省」にはならない。

〇PCR検査が増えないのは、ニワトリが先か、卵が先か、
などという幼稚な理由ではない。
政府がPCR普及を決めれば、民間企業が設備投資を
して、国民も検査を続々受けるという見通しが、ほとんど
ガキの論理であって、そんな馬鹿なことはあり得ない。
これは「市場論理」であって、力いっぱい民間企業が
設備投資して、人員を集めても、国民は検査を受けに
来ないし、新コロ騒動が終われば、民間企業は大赤字
になるだけ。
それだけのことだ。
玉川徹って、ほとんど赤子なみの脳みそだな。

〇ハンセン病差別の核心は「隔離」である。
新コロの「隔離」とは違うという論法は通用しない。
弱毒性の病気に対して「隔離」という「人権無視」の
政策を行なったことに原因がある。
「隔離」は「人権」の問題そのもので、憲法は人々の
「移動の自由」「行ったり来たりの自由」を保障している。
ハンセン病患者には許されない「隔離」が、新コロの
無症状の人には許されるという論理にはならない。
こういう詭弁が、この番組には次から次に現れて、しかも
政治家までが「憲法が保障している基本的人権」の
意味を全く分かっていないという大問題がある。
これはまたしても『ゴー宣』で描く必要がある!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ