ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.8.8 17:22政治

「台湾を台湾人の台湾にしてくれた」李登輝氏の偉業

台北駐日経済文化代表処(台湾の駐日大使館に当たる)で
行われていた、李登輝元総統の弔問記帳には、
この猛暑の中、4100人が訪れたそうです。

海外の元政治指導者が亡くなって、これほどの人が
弔意を示すということは、おそらくこの先ないでしょう。

蔡英文総統は李登輝氏について、
「権威主義の反動と民主主義の理想のはざまで、
台湾で静かなる革命を起こし、
台湾を台湾人の台湾にしてくれた」
と称えています。

李登輝氏が起こした「静かなる革命」とは
どういうものだったのかは
『台湾論』にも描かれていますし、
『李登輝学校の教え』では、
李氏自らの言葉で語られています。

しかし「台湾を台湾人の台湾にしてくれた」
とは実に重みのある言葉であり、
まさにこれこそが偉業であったと
つくづく思います。

翻って見て、いったいいつになったら
日本は、日本人の日本になるのでしょう?

李登輝氏は、ずっとそれをもどかしく
思っていたはずです。

いま一度『台湾論』と『李登輝学校の教え』を読んで、
日本を日本人の日本にするということまで
考えてみてはいかがでしょう?

『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論』(小学館文庫)
『新ゴーマニズム宣言SPECIAL 台湾論』(Kindle)
『李登輝学校の教え』(小学館文庫)

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ