ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.8.11 06:41日々の出来事

周庭氏の逮捕は許せない

周庭氏が逮捕された。
民主化運動が「国家安全法」に違反しているというのは、
「独裁」こそが人類の幸福のためという狂った政治体制に
とっては、そうなんだろう。

「民主」は悪、「独裁」は善とする中国共産党にとっては、
周庭は悪人であり、犯罪者だから逮捕することになる。

人間に自由は要らない、自由な言論は要らない、政府の
批判は悪であるという中国共産党のイデオロギーは、
当然、国民の「管理」「監視体制」を必要とする。

日本でも、このコロナ禍で、国民の管理・監視体制が進行
している。
無症状の人間の「自宅療養」も許さず、社会政策として
「隔離」しようという人権無視の考えも台頭して来た。

インフルエンザにも無症状の感染者はいるし、無症状の
感染者が他人に感染させるリスクはある。
1000万人も感染者が出るのは、無症状者が人にうつして
いるからだ。
今年の冬からはインフルエンザに対するPCR検査も行って、
無症状者を発見して、隔離するつもりなんだろうか?

周庭氏の逮捕を他人ごとと思っていたら、日本もITを
駆使して、監視国家・管理国家となる危険性を見逃がす
ことになりかねない。

日本人の大多数が、恐怖をテコに「自粛」を望み、「営業の
自由」や「移動の自由」を放棄して、政治家の強権発動を
待望する様子を見れば、この国は気がつけば「独裁」だった
ということにもなるだろう。

自由を愛することは難しい。
自由を激しく希求する周庭氏や香港の民主化運動を支えた
若者たちの思いが、今の日本人に伝わるだろうか?

日本政府は中国に対して、強く批判すべきであり、習近平
の国賓待遇の訪日ももうあり得ないし、天皇陛下に会わせ
ては絶対にいけない!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ