ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.8.13 10:07日々の出来事

羽鳥コロナショーの陰謀論

羽鳥コロナショー、自分たちのアイデンティティーと化した
PCR真理教に従わぬ政府の「分科会」や「医系技官」は
認めない、我々の言う事を聞いて、PCR検査&隔離を
採用する新たな専門家会議を作ろうという話だった。
やれやれの駄々っ子番組だ。

PCR検査&隔離は、医療崩壊の最も重大な原因になる。
無症状の元気な若者を入院させるのはベッドの無駄、
医療資源の無駄、そんなことくらい専門家じゃなくても
分かる。

世田谷区のPCR検査も、結局、区民全員の検査が済む
には1年間もかかるらしい。全く無意味だ。
税金の無駄づかいは止めて欲しい。

スウェーデンが日本より厳しい自粛をしてるって、どういう
情報なんだ?
マスクもしてないのに。
集団免疫が完成してみんなコロナのこと忘れてバカンス
を楽しんでるのに。

ニューヨークがPCRで抑え込んだって、どういう科学的
根拠があるんだ?
膨大な感染者と膨大な死者を出したから、集団免疫が
出来ただけじゃないか。
それでも経済を回していないクオモ知事が異常なだけだ。

玉川徹って完全な「情報弱者」で、デマばっかり発信して
いる。
自分の好む情報しか仕入れないからだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ