ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
泉美木蘭
2020.8.19 22:26

赤坂見附駅にて

トッキーのブログを見て驚いたけど、
玉川徹サンって、ルクセンブルクなんか見習えって言ってたの?
はらま~っ…。
5月中に46億円かけて国民全員検査をした超お金持ち国の
ルクセンブルクが、いまどうなっているのかは、
ライジングで書いたとおりです。
グラフ見てちょ。日本とも比較してありますので。

3週間前に家族とともにスウェーデンへ飛んだ、

アメリカのプロホッケー選手のジョナソン・ブルーム氏が、

「スウェーデンに来て3週間、マスクを見たことがありません。
老いも若きも外に出て生活しています。
レストラン、バー、カフェはすべてオープンしているし、
人々は恐れずに生活しています。驚くべきことです。
経済も開放され、人々は笑顔です」

と報告していた。写真も楽しそうだ。
ヨーロッパはもともとマスクの習慣がない国が多いけど、
スウェーデンはマスク推奨なんてしてないから、いまだに
つけ方も知らない人もいるんだって。
たま~につけている人はいるけど、たいていアジア人らしい。
そして、どこの学校もマスク強要してないのに、
現地の日本人学校の子どもたちだけがつけさせられてるそうだ。

今日は夕方、赤坂見附駅のホームで地下鉄が来るのを待っていたら、
マスクをしていない、知らないおじさんが、
同じくマスクをしていない私の顔を見るなり、
ニコッと笑って親指の腹を見せて「グーッ!」とやってきた。
外人かいな!
仲間がいたと思って、嬉しくなってしまったんやろな…。

ただマスクしてないだけで、友達ができたり、ナンパ成功したりする
ケースが、この日本のどこかで起きているかもしれん…。

東京都内では、今月に入ってからの熱中症の死者が103人に
なったそうだ。
70代以上が8割を占めているけども、
50代の人でも亡くなっているらしい。

泉美木蘭

昭和52年、三重県生まれ。近畿大学文芸学部卒業後、起業するもたちまち人生袋小路。紆余曲折あって物書きに。小説『会社ごっこ』(太田出版)『オンナ部』(バジリコ)『エム女の手帖』(幻冬舎)『AiLARA「ナジャ」と「アイララ」の半世紀』(Echell-1)等。創作朗読「もくれん座」主宰『ヤマトタケル物語』『あわてんぼ!』『瓶の中の男』等。『小林よしのりライジング』にて社会時評『泉美木蘭のトンデモ見聞録』、幻冬舎Plusにて『オオカミ少女に気をつけろ!~欲望と世論とフェイクニュース』を連載中。東洋経済オンラインでも定期的に記事を執筆している。
TOKYO MX『モーニングCROSS』コメンテーター。
趣味は合気道とサルサ、ラテンDJ。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ