ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.8.23 15:00ゴー宣道場

今までとはちがう世界、私たちはどう生きるべきか?ゴー宣道場参加応募受付中!

どうかしている時代を乗り越えよう!
9月ゴー宣道場のお知らせです!

 

皆さま、こんにちは。
関西設営隊のだふねと申します。

長い梅雨が明けてから、酷暑が続いています。
例年以上に熱中症が心配になるほどですよね。
それでも、屋外でマスクを外さない人が多いなぁ。
顔にスカーフを巻いてジョギングしている人もいる……。
(外を走らんかったらええだけとちゃう?)
ほんとに怖いのは、ウィルスなのか?

某衣料品チェーンストアでは「夏向けマスク」が発売。
「通気性」にこだわった「多機能マスク」って…。
たまげた。ぜんぜんウィルス防護になってまへんで。
(つけてもつけなくても同じやないかい!)
もはや、なんのためのマスクなのか?

マスクひとつとってもこのありさまで、
コロナ禍以前には予想もしなかった光景が、
すっかり日常となって、眼前に繰り広げられています。

矛盾だらけなのに、だれもなぁんも言わない。
みんな疑問をもたず、目新しいモノには飛びつく。
(むかしからそう、という気がせんでもないが。)
商魂たくましい者には、おいしい状況かも知れませぬ。

「コロナがいなくなれば、元の生活に戻れる。
それまでは政治家や専門家が、私とみんなの命を守ってくれる――」

眼をかがやかせて、そう信じている人たちに訊きたい。

「日本におけるコロナの実態を調べたことはありますか?」
「毎年のインフルエンザの感染者数、死者数とくらべたことはありますか?」
「テレビの情報を鵜呑みにして、自分で考えることを放棄していませんか?」

コロナはけっして、いなくなったりしません。
共生の道を、私たちは遠からず選ぶでしょう。
今までとはちがう世界、私たちはどう生きるべきか?
それとてだれかが決めてくれるのを、ただ待っているだけですか?

私たちは、私たちの意思を、ただ示威(デモ)したいわけではなく。
より多くの方と、「公」のために議論する楽しさや深さを、
相互に共有できることを願ってやみません。
それが「ゴー宣道場」という公論イベントの意義です。

来る9月13日(日)が、第91回目の開催となります。
ゲストはなんと、衆議院議員の玉木雄一郎氏と山尾志桜里氏

お二人の政治家としての「理念」と「覚悟」が、
「コロナ以後」の日本再生のヒントとなるか?
どのようなお話が展開されるのか?
今からワクワク、胸が躍ります!

「ポストコロナ」について、お二人と師範方、
そして参加者とで、一緒に考えましょう!

皆さまのご応募、お待ちいたしております(*^-^*)

【第91回ゴー宣道場】
■テーマ:「経済と憲法でポストコロナの社会像を提示する!」
■ゲスト:玉木雄一郎議員、山尾志桜里議員
■日時:令和2年9月13日(日)14:00~
■場所:東京都内
※当選した方にお送りするメールに会場を明記します。
■参加費:1000円(小学生以下は無料)
応募〆切: 9月 2日(水)
■お申込みはこちらから↓
https://www.gosen-dojo.com/application/

 


 

数年経ったら新型コロナは本当にただの風邪になり、
誰もが「あの時代は狂っていた」というようになるでしょう。
もしかしたら、いま完全にコロナ脳になっている人が、
シレっと「私は最初からわかっていた」と
言い出すかもしれません。
そんな周回遅れの人、後出しの人はほっといて、
今から時代の最先端の議論をしましょう!
ぜひご参加ください!!

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ