ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.9.1 11:18日々の出来事

本の力を信じるしかない

モーニングショーに石破茂が出ていたが、玉川徹が
政治家に「PCR隔離」をやらせようと必死だ。
隔離を保護と言い換えるようになったのが笑えるが、
玉川の主張は隔離!
隔離以外のなにものでもない!
特に「無症状者の隔離」を主張しているところが、
完全な人権無視!
リベラルのカケラもない人権無視カルトだ。
こいつはもっと徹底的に叩かねばダメだろう。

石破茂はコロナに関しては不勉強で、現状での
政治家の無難な答弁しかできてない。
もうスウェーデンの成功によって、
「集団免疫」に対する偏見も劇的に
変わりつつある。
勉強していない連中(専門家も含めて)の戯れ言は、
みっともなくて聞いていられない。

『コロナ論』の普及が遅すぎるから、コロナに対する
最新の知見が世の中に全然浸透しない。
『コロナ論』の発売が盆明けと知ったときも、ギリギリしな
がら待ったが、初版が少なすぎてあっという間に売り切
れて、重版が書店に並ぶのも、長いこと、長いこと。
もうわしも自暴自棄だ。
どうにでもなれという感じだな。

これが幻冬舎だったら、どえらい勝負に出ただろうが、
普通の出版社は「権威主義」で、小林よしのりは専門家
じゃないから売れないと高をくくってしまうことになる。
幻冬舎は『戦争論』以降、過大に期待させて裏切って
しまったから、しばらく遠慮しておく。

結果を出すというのは本当に難しい。
一生のうちに一回くらいの大ヒットなら誰でも出せるが、
プロとして何度も大ヒットを出すというのは至難の業だ。
売れている時は持ち上げられ、売れなくなったら
「オワコン」だと叩かれ、その繰り返しを何度も何度も
経験してきたが、わしとしては商売として狙って描いても、
うまく行くとは限らない。

大ヒットは偶然性もあるし、描きたい作品は色々あるが、
それがヒットするかどうかは分からない。
ただ、この本はどうしても世の中に必要だと確信する
時はある。
『コロナ論』はその一冊だ。
「新コロは風邪レベル」、たったそれだけのことが言い
たくて描いた本じゃない!
それを分かってくれる読者は少ないのだが、それでも
大ヒットを狙うしかない。
本の力で社会を変えられると信じるしかない!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ