ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.9.16 15:48ゴー宣道場

思考を深める濃い時間へ!九州ゴー宣道場参加応募受付中!

10月11日開催、
九州ゴー宣道場のお知らせです!

 

 

ゴー宣道場ブログをご覧の皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
関東設営隊のfukufukuponと申します。
9月になり、ようやく「朝晩」は涼しくなってきましたね。
皆さまがお住まいの地域はいかがでしょうか。

さて、今回は10月に開催される九州ゴー宣道場のご案内です!

今年も三分の二が過ぎましたが、本当にコロナに次ぐコロナ、、、という日々でした。
声の大きな人たちが後先考えずに、その場だけ盛り上がればいいとばかりに騒ぎました。
そして、あれよあれよという間に事態が進んでしまったように感じます。

そこには冷静な議論が通じませんでした。
とりわけ「リベラル」とされていた人たちが、闇雲に国や行政に強権発動を求める姿には、唖然とした方も少なくないのではないでしょうか。

私個人は、強権発動をするべき時は躊躇なくするべき、という考えです。
しかし法治国家において、緊急事態に関する法制度も整えずして強権発動などできるわけもありません。
しかも日本における緊急事態の法整備に反対してきたのは、その「リベラル」な人たちです。
戦後民主主義ど真ん中に育ち、高度経済成長の恩恵をたっぷりと受けておきながらこの振る舞い。
こういう大人が多ければ沈滞もするわな、と嘆息せずにはおれません。

このような状況で、小林よしのり先生の『コロナ論』が発売されました。

誰がでたらめなことを言い続けて人々を惑わせたのか。
そして海外の事例の上澄みだけを掬って、日本国内におけるコロナの議論をミスリードしたのか。
それぞれの国の状況に応じて議論をしなければならないのに、グローバルスタンダードで物事を判断して、実態とはかけ離れた対応が続く・・・。
何でもかんでも「グローバルスタンダード」ではなく、「日本は日本だ」という判断基準を設けてもいいはずです。

今回の道場は「『コロナ論』が炙り出したもの」というテーマで開催いたします。
ゲストは九州大学教授・施光恒氏。
コロナそのものに留まらず、グローバリズムが抱える問題点もしっかりと議論が展開されることでしょう。
これはぜひ皆さまに参加していただくしかない!と断言できます。

10月。九州は気候もよくいい環境です。
その中で、この国難となってしまった状況をどうやって乗り越えていくか?
皆さま、思考を深める濃い時間へのご参加を心からお待ちしております!

 

【第92回ゴー宣道場(第4回九州ゴー宣道場)】
■テーマ:「『コロナ論』が炙り出したもの」
■ゲスト:施光恒氏(九州大学教授)
■日時:令和2年10月11日(日)14:00~
■場所:福岡市内
※当選した方にお送りするメールに会場を明記します。
■参加費:1000円(小学生以下は無料)
応募〆切: 9月30日(水)
■お申込みはこちらから↓
https://www.gosen-dojo.com/application/

 

★当日会場にてゴー宣道場オリジナルグッズを販売します★
・Tシャツ
・栞
・クリアファイル
・雑誌『KATTENA』 and more…

こちらもお楽しみに!

いつでも何の時でも、
声だけでかくて恥と責任を知らない人間が
騒ぐだけ騒いであとは知らんぷり!
いつまでもこんなことを繰り返させていいのでしょうか?
いや、よくない! と思った人はぜひ
ご応募ください!!

トッキー

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ