ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2020.10.6 22:52小林よしのりライジング

自由は大切!自由を守れ!ライジング374配信!!

感情の劣化、価値観の劣化に
とことん抗う!
小林よしのりライジングVol.374
配信です!!

今週号のタイトルは
「自由がなくてもいい玉川徹」



 

毎朝毎朝馬鹿げた発言を繰り返し、
一日のスタートを不愉快なものにしてくれる、
テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」の
コメンテーター・玉川徹だが、
先日はその極めつけとでも言いたくなる
発言が飛び出した!!

なんと、「中国型の社会主義は、自由がなくても
みんな豊かになってるから、これでOKなんですよ」
と言い出し、それに続けて、
自由が大事というのは自由主義国の価値観で、
むしろ自由が無くてもいいという価値観もある
という話を延々と展開したのだ!!

この人は「リベラル」を自称していたはずだが、
「自由が要らないリベラル」という、
世にも奇妙な人物が出現してしまったのだ!

今回は、何故玉川徹が
こんな考えになるかを徹底分析!

こんな人間が「信用できるコメンテーター」
ランキングの上位に入り、
同時間帯1位の高視聴率番組で
毎日発言しているというのは、
本当に危険事態だ!!

 

泉美木蘭のトンデモ見聞録
「正気でないYouTubeに動画を削除された件」

YouTubeで公開されていた
『よしりん・もくれんのオドレら正気か?』
2020年6月20日放送
『勝利・第一弾!「抗体保有率0.1%」の衝撃』の
冒頭30分無料公開動画が、YouTubeに削除された!

「審査した結果、この動画はガイドラインに
違反していると判断」したという。
YouTubeは、どういうガイドラインを設け、
どういう審査をしてあの動画を削除したのか?

検証していけばいくほど、納得のいかないことだらけ。
いとも簡単に言論の自由を握り潰す、
YouTubeは、正気ではない!!

 


 

【今週のお知らせ】
※「ゴーマニズム宣言」
…玉川徹(テレビ朝日報道局員)は普段「リベラル」を自称している。ところがコロナ騒動が起きてからの玉川は、政府は早く緊急事態宣言を出すべきだと発言し、権力が個人の自由を制限するように促したり、全国民にPCR検査を受けさせるべきだと、個人に一定の行動を強制するような主張をしたりするようになった。リベラリズムは「自由主義」と訳される。その訳は正確ではないとも指摘されているが、少なくとも日本では、個人の自由を第一の価値とする者がリベラルを標榜してきたはずだ。いったい玉川のどこがリベラルなのか?

※泉美木蘭の「トンデモ見聞録」
…YouTubeで公開されていた『よしりん・もくれんのオドレら正気か?』冒頭30分間の無料動画のひとつが削除された。2020年6月20日放送の、第45回『勝利・第一弾!「抗体保有率0.1%」の衝撃』である。現在、YouTubeを利用するにあたって遵守しなければならないガイドラインを見ると、「暴力的または危険なコンテンツ」のひとつとして、「COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の医学的に誤った情報」という項目が追加されている。今、YouTube動画削除の実態はどうなっているのだろうか?

※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!
コロナ脳の人達はなぜ旧型コロナの時には怖がらなかったの?
先生の生活上、消費行動や感覚で何か変化はある?
歴史上一番の犯罪者は誰?
自分が生み出した造語が流行った時はどんな気持ちになるの?
最近、芸能人の自殺が多いのは「コロナ禍」が影響している?
例年に比べ、インフルエンザの罹患者が相当少ない理由は?
中曽根元首相の合同葬に9600万円も使う意義はある?
…等々、よしりんの回答や如何に!?

【今週の目次】
1. ゴーマニズム宣言・第391回
「自由がなくてもいい玉川徹」

2. しゃべらせてクリ!・第331回
「ぽっくんパニック!恐怖の人食いワニ襲来ぶぁ~い!の巻〈後編〉」

3. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第185回
「正気でないYouTubeに動画を削除された件」

4. Q&Aコーナー

5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)

6. 編集後記

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ