ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2020.10.9 07:47日々の出来事

「東海ゴー宣道場」は2planで行くぞ

11月8日(日曜)「東海ゴー宣道場」の
テーマは2planにします。

当日、「立皇嗣の礼」が行なわれることが決まったので、
高森明勅氏にテレビ局から解説の依頼が来た場合、
正確な知識を視聴者に伝えるためには、高森氏にはテレビを
優先してもらうしかありません。
したがって、高森氏が名古屋に来られるかどうか分かりません。

わしは「九州ゴー宣道場」が終わったら対策を考えようと思って
いたのですが、設営隊長ちぇぶが「そんなんじゃ間に合わない」
「東海メンバーはチラシを作って福岡で配布するつもりなんだ」
「時間がない。今日中に発表してください」と指示されました。

そこで高森氏が来た場合は、plan1「愛子皇太子の可能性」

来れない場合は、plan2「嵐を呼ぶ質疑応答」とします。
笹さんに日本軍や戦争のことを質問してもいいし、
泉美さんに新型コロナや女の道について尋ねてもいいし、
倉持氏に憲法やリベラルについて質問してもいいし、
わしに愛とは何かを尋ねてもいい。
師範と参加者の質疑応答を通して、今年最も欺瞞のない、
痛烈で深くて笑える「ゴー宣道場」に挑戦しよう。

高森氏が途中参加なら、plan1「愛子皇太子の可能性」
plan2「嵐を呼ぶ質疑応答」の両方で議論することになるかも
しれません。

応募締め切りは10月28日(水曜)です。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ